FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県諏訪の木城① ~ 北条・真田争奪

群馬県諏訪の木城① ~ 北条・真田争奪

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年5月23日に、諏訪の木城に行ってきました。

 

 10年以上、探し求め、ついに到達できました。

 この城のレポートが配信されるのは、おそらく日本初だと思われます。

 

 諏訪の木城は、群馬県利根郡みなかみ町羽場にあります。

 

p001_20130114102422.jpg IMG_2096.jpg

 関越自動車道月夜野インターを降りて、国道17号を西へ5キロメートルほど進むと「**饅頭」「**の郷」があります。

 

 この看板を右折し、河岸段丘を登りきった所に、神社があり、神社を過ぎてすぐ右折、くねくね道を進み、分岐を右折すると・・・

 

IMG_2084.jpg

          この風景です。奥の林が諏訪の木城です。

 

 これまで地図を片手に、このアタリを、車でグルグルと廻っていました。今回は車を捨て、地図も捨て、地元民への徹底した聞き込みを行いました。間違った情報で、遠ざかる一場面もありましたが・・・ 作戦を変更して良かったです。

 

 聞き込みの中で、「むかし、あそこを掘ったら、古銭の入ったカメが出てきた」という情報を、複数の方から頂きました。

 

suwanoki.jpg

 古図面と、現状を頭の中で再構築して作り上げた、妄想の産物です。

 

 諏訪の木城の近くには、三国往還が通っており、街道を押さえる城でもあったようです。

 

 

IMG_2085.jpg

       道は舗装ではなくなりますが、どんどん進みましょう。

 

IMG_2088.jpg

     道が無くなっても進み続けると、舌状地形の突端に出でます。

 

 これが、妄想図左側の捨て郭です。城を守る兵が多いときは活用し、城を守る兵が少ないときは、はじめから防御を放棄します。

 

IMG_2089.jpg

 

 捨て郭から本城域を見てみました。左に高い土居があり、その手前には堀があります。

 

 右に低い土居があり、中央は小口です。

 

 日本城郭体系によると、「右側の土居は、石積みがある」とのことですが、雑草に覆われ確認できませんでした。

 

 後半に続く・・・

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード