FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  久米城(1) ~ 佐竹北家の居城

久米城(1) ~ 佐竹北家の居城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年10月31日、お城仲間のMさんと久米城に行って参りました。

久米城アク

 茨城県常陸太田市久米にあります。

 お城仲間のMさんが、「久米城整備される!」の情報を得られたので、やってまいりました。

IMG_3183_20151101080337aad.jpg

 駐車場が設置されています。

 杖の脇の透明ボックスの蓋をあけると、縄張り図と歴史が掲載されたパンフを頂けます。

 親切ですね。

久米城・平面

 現地配布資料の縄張り図です。

 北の出城、西の城、東の城、南の出城等からなる、巨大な複合要塞です。

IMG_3185_20151107135045af7.jpg

 東の城の二郭に、鹿島神社があるので、その参道を登っていきます。

*配布資料に沿って、久米城の歴史をお伝えします。

 鎌倉時代に大掾氏が居館を設けました。

 その後、小野崎氏が築城し、(小野崎氏の分流が)久米氏を名乗り、代々居城にしていました。


 IMG_3186_20151107135412d7d.jpg

 参道の左右に塁壁っぽい地形が散見されましたが、削平はあいまいな感じがしました。

*佐竹第15代義治は、山入氏の反乱に備え、小野崎系久米氏を宇留野城へ移し、代わりに当主義治の子(二男か?)義武を城主に据え、防備を強化させました。

 (佐竹氏の本拠大田城は、統治の城であり、防御に適しません。太田城西方約4キロにある久米城は、太田城の防衛線として重要な位置にありました。)

 1478年11月、山入義知は久米城に攻めよせました。

 久米城は落城し、城主の佐竹義武は討死してしまいました。


IMG_3188_2015110713575127a.jpg
 
 ひときわ高い塁壁が見えてきました。

 行ってみましょう!

*しかし、1ヶ月後、佐竹義治は山入義知を討ち取り、久米城を奪還しました。

 佐竹義治は義武の弟(三男か?)義信を、久米城に据えました。

 以降、その家系は、代々惣領家を支え、佐竹北家と呼ばれました。


IMG_3190_20151107140035372.jpg

 ここはきっちり削平されていますね。

*一方、新人物往来社「常陸・秋田佐竹一族」には・・・

 三男義武が、攻めよせた山入勢を撃退したと記されています。

 歴史素人の私には、判断できないので両論併記とさせていただきます。

IMG_3189_20151107140239bce.jpg

 田楽場と表示されています。

 城下の農民が、お殿様に田楽踊りを披露する場所だったのでしょうか?

久米城東城

 図の右下の方から登って来て、田楽場に至ったとご理解ください。

IMG_3192_2015110714140190f.jpg

 田楽場から、三郭を見上げました。

 「久米城第2話・順路の表示」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 久米城行ってきました
サル公方様 ご来訪ありがとうございます。
 久米城へ行かれましたか。
 広大な城域を整備し続けてくださる地元の皆様のご努力に感謝ですね。
 久米城1か所で、城を三つも四つも見たような満足感がある城ですよね。
 堪能されたとここと、何よりです。
 これからもお城ライフを楽しんでください!
久米城行ってきました
昨日2019/09/10、久米城に行ってきました。
台風通過直後で荒れてるかな?とは心配したのですが整備状態がよかったので大丈夫でした。
五遁さんが23コマ使って紹介してくださってるので、ここならきっと当たりだろうな、と思ってでかけました。
これだけの規模の城で、ほとんどに全山に工作がほどこされているのは驚異的です。堪能してきました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード