HOME   »  史跡  »  法養寺薬師堂 ~ 北条氏邦移築

法養寺薬師堂 ~ 北条氏邦移築

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年10月15日、法養寺薬師堂に行って参りました。

 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄にあります。

085_20151023161046666.jpg
 両神温泉薬師の湯から県道を200メートルほど北へ進むと・・・

 小鹿野町 町営バスのバス停「薬師堂」があります。

086_20151023161408bd1.jpg

 法養寺薬師堂の表示がありますね。

088_20151023161530808.jpg

 山門です。

 本尊である薬師如来は、秩父十三仏のひとつに数えられているということです。

087_20151023161556906.jpg

 戦国期、武田勢の侵攻「信玄焼き」により、焼失してしまったものを、鉢形城主北条氏邦が再建したと記されています。

 一方、木材の状態から、建物は室町時代へさかのぼると推定されている様です。

 小鹿野町HPでは、北条氏邦が別の場所から移築したと記されています。

089_20151023162352568.jpg
 これが薬師堂です。

 室町期の木材が腐らずにあるのですから、木材選びから多大な労力を要したことでしょう。

 屋根は、昭和53年に銅板をかぶせたとのことです。

090_20151023162658d3e.jpg

 歴史を感じさせますね。

091_201510231628131ab.jpg
 釘を使わずに、木を重ね、地震の揺れを逃がす、免震構造がとりいれられています。

 日本建築の粋ですね。

092_201510231630454b8.jpg

 屋根にまでお札が貼ってあります。

 ここの薬師如来様は、目の病に霊験があるということです。

093_20151023163210cdc.jpg

 格子の間から撮影した、お堂内部の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード