FC2ブログ
HOME   »  史跡  »  光源院 ~ 山県昌景高札

光源院 ~ 山県昌景高札

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年10月15日、光源院に行って参りました。

光源院アク

 埼玉県秩父郡小鹿野町両神飯田840にあります。

097_201510231504060e9.jpg

 山門です。

 武田勢の秩父侵攻「信玄焼き」に関する史跡であるとのことでやってまいりました。

099_20151023150713616.jpg
 甲斐に、武田の分流「逸見氏」がおりました。

 山梨県北巨摩郡北杜市にある 「谷戸城」 が、逸見氏の城であるとされています。

 伝説によりますと・・・

 逸見若狭守は、武田信虎とそりが合わず、甲斐を捨て、小鹿野へ移住した。

 逸見若狭守は、甲斐の名刹永昌院の末寺として、光源院を開基した。

094_20151023151239e22.jpg

 武田信玄の代に武田勢が秩父へ侵攻した。

 武田勢は、寺社仏閣をコトゴトク焼き払い「信玄焼き」と恐れられた。

 しかし、光源院は、永昌院の末寺であることから、武田の孟将・山県昌景が高札を掲げ 放火、略奪を禁じた。ということのようです。

 日尾城攻めの拠点とされたとも記されていますね。

095_20151023153637569.jpg
 これが、その高札の写しです。

 山県さんは、達筆だったんですね。

096_201510231537554bf.jpg
 乱暴狼藉をしてはいけません。

 言う通りにしないと、お仕置きですよということですね。

100_20151023154018eef.jpg
 お堂は、個人住宅っぽいムードだったので、遠くからちらっと撮影いたしました。

101_20151023154142a37.jpg

 山門の後ろ姿・・・・

098_20151023154231f18.jpg
 山門からの里の風景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」
スポンサーサイト



Comment
Re: タイトルなし
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 武田信虎と折り合いが悪くても、その他大勢の武田衆からは同情されていたのかもしれませんね。野営の手間省きの理由もあったかもしれませんね。
 偶然入った食堂で、偶然見た資料で知ったので、ラッキー感が半端なかったデス!
 秩父は観光スポットも多いので、是非、他のスポットとセットで訪問されてみてください。
 岩櫃は久しぶりだったのですが、城は見るたびに新しい顔を見せてくれますね。
 岩櫃は絶対満足できますよ!一年中整備されています。
 松井田はやはり葉の落ちた冬がおすすめです。
 では!
こんな史跡が!帰省した際には是非行ってみたいと思います。追われた一族とはいえ、血が重視されたんでしょうか。野営の手間も省けるから利用したのか。いずれにせよ興味深いです!
あと、岩櫃も感激でした。
本城や松代、上田、妻女山あたりは踏破したんですが、いつか必ず岩櫃と諏訪の山城と松井田は行きたいです!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード