HOME   »  中世城郭  »  塩沢城(4) ~ 叛鬼・秩父へ

塩沢城(4) ~ 叛鬼・秩父へ

 塩沢城の第4話です。

049_20151023123259455.jpg
 本郭の背後には、小さな腰郭「A」があります。

048_20151023123348452.jpg
 「A」から見下ろした本郭です。

 背後から攻め下られたら弱い構造ですね。

050_2015102312352909a.jpg
 「A」から、詰郭を見上げました。

 結構急な斜面です。

塩沢城
 先人の図面が手元になかったもので、表記に迷いました。

 詰郭を本郭としようかとも思いましたが・・・

 詰郭の面積が狭いので、詰郭と表記しました。

*さて、上1476年に杉顕定へ反旗を翻した長尾景春ですが、名将大田道灌の前に次第に追い詰められていきます。

053_201510231240237c6.jpg

 詰郭へ登りつつあります。

*豊島氏の東京都石練馬区神井城が落城。

054_201510231241309eb.jpg
 登り着きました。

*神奈川県横浜市の小机城も落城。

056_20151023124252181.jpg

 南方向には、土塁状の盛り上がりがあります。

*東京都八王子二宮に拠点を置いていた大石氏は、道灌勢の勢いを見て、戦わずに屈服しました。

055_20151023124356ee9.jpg
 南側は、登るのが不可能な絶壁です。

 防御用に盛ったのではなく、岩盤が固くて、削り残さざるを得なかったのかもしれません。

*長尾景春が、秩父に逃げ込み、日尾城、塩沢城、熊倉城を取り立てたのは、1479年のことであるとされています。

059_20151023124635264.jpg
 尾根を背に詰郭の先端方向を撮影しました。

 小屋掛けができない面積ではありませんが、狭小感は否めません。

 「塩沢城第5話・夜討ち沢から上杉兵」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード