FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  八束城(1) ~ 羊太夫伝説

八束城(1) ~ 羊太夫伝説

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年10月5日、八束城に行って参りました。
 群馬県高崎市吉井町塩の城山にあります。

一郷アク

 まずは、おおまかな場所・・・

c八束アク
 次に、私が登ったルートを・・・ 山城フリークなら問題ないルートですが・・・
 (私の場合は、登り25分、下り12分でした。)

 道は無く、傾斜の急な岩場が多いため、初心者の皆様は別ルートを用いてください。
 (整備された「西ルート」と「北ルート」があるようです。)

043_2015101209325566b.jpg
 「林道・大沢八束線」のこの看板が、登り口の目印です。

044_20151012100704b66.jpg
 林道の看板のすぐ北側、ここから矢印に沿って、尾根を目指しました。

 045_20151012100827468.jpg
 1分で尾根筋に到達、あとは、尾根筋を登っていくだけです。

042_2015101210104854b.jpg
 初めに紹介した「林道の表示」から、林道を東へ車で1分程進んだ場所に、八束城の解説版があります。

 羊太夫が住んでいたという伝説があると記されています。

 羊太夫伝説については、⇒ 「多胡碑」 をご覧ください。

 また、奈良・平安の時代、大和朝廷になびかない辺境の民を「八束脛」やつかはぎと呼んで蔑視したということです。

 八束城は、抵抗者の城と言うことになりますでしょうか?

047_20151012102253238.jpg
 広めの削平地にたどり着きました。

 藪も厳しかったのですが・・・

 女郎蜘蛛が大量発生していて、閉口しました。

八束城
 自らのスケッチと、地形図から起こしました。

 女郎蜘蛛に阻まれて、遠目からの観察にとどめた場所も多く・・・

 間違っていたらごめんなさい。

054_2015101210250367b.jpg
 土塁が見えてきました。

055_20151012102630ede.jpg
 土塁の向こう側には、堀があります。

 「八束城第2話・堀底通路に門か?」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」



<羊太夫伝説関連記事>
 多胡碑 羊神社 和銅露天掘り跡 羊大夫陣屋
 秩父黄金めし
 仁叟寺千手観音 七輿山古墳 

スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード