HOME   »  名所  »  秩父華厳の滝 ~ 日本の滝10選

秩父華厳の滝 ~ 日本の滝10選

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年9月30日、秩父華厳の滝に行って参りました。
 埼玉県秩父郡皆野町上日野沢にあります。

c阿佐美氏館アク

 寄居皆野有料道路をおりて、15分という近さです。


049_201510071054353d8.jpg
 広い駐車場も、トイレもあります。

 ここが登り口ですね。

050_201510071055526bb.jpg

 日本の滝ランキング10位に選ばれたそうです。

052_201510071056560ad.jpg
 川沿いの遊歩道がお勧めです。

053_201510071057508d8.jpg
 川の流れを楽しみながらですと、登りも辛く感じることはありません。

054_20151007105942e7f.jpg
 3分ほどで・・・・

 見えてきました。

056_20151007110045f25.jpg

 おお、いい感じですね。

 ちょっと、棒が邪魔なので角度を変えて・・・

058_20151007110317a84.jpg
 この滝は東向きなんですね。

 昼過ぎの訪問で、もう日が当っていません。

 訪問は午前中がお勧めです。

 これから秋が深まってくると、滝が紅葉に映えるでしょうね。


059_20151007110430416.jpg
 滝壺の水が澄んでいます。

 マイナスイオンたっぷりで、癒されます。

 近くにある 「満願の湯」 もお勧めですよ~。

 ホームページ 「土の城への衝動」 
スポンサーサイト
Comment
Re: いえー
りゅう様 お返事ありがとうございます。

 信玄焼きで、小鹿野、吉田地区は武田の領土となったようです。

 武田勢は長瀞南方の竜ヶ谷城へも攻めよせています。

 竜ヶ谷城は落ちませんでしたが、もし落ちていたら秩父全体が武田領となっていた
可能性もありますね。

 では!
いえー
信玄焼き知りませんでした!日尾城レポート楽しみにしてます!
いやいや、お恥ずかしい・・・
りゅう様 お返事ありがとうございます。

 既に御存知のことですよね。
 訳知り顔でお恥ずかしい、私こそ勉強させて頂いております。
 歴史は、探れば探るほど、深いですね~

 では!
ありがとうございます〜勉強になります。
江戸時代に逸見義年なる剣豪が輩出され、今も道場が運営されているらしく。
いつか行ってみたいです!
Re: 基本的に
りゅう様 御来訪ありがとうございます。

 毎日ご覧いただけているとのこと、感謝、感謝です。
 さて、昨日、秩父小鹿野で偶然光源院へ立ち寄りました。

 縁起や地元の伝承を総合すると・・・
 逸見若狭守は、武田信虎とそりが合わず、甲斐を捨て、小鹿野へ移住した。
 甲斐の名刹永昌院の末寺として、光源院を創建した。
 武田信玄の代に武田勢が秩父へ侵攻した。
 武田勢は、寺社仏閣をコトゴトク焼き払い「信玄焼き」と恐れられた。
 しかし、光源院は、永昌院の末寺であることから、山県昌景が高札を掲げ
放火、略奪を禁じた。ということのようです。

 りゅう様が、秩父を訪問できる機会があると、いろいろとわかってくるかも
知れませんね。

 では!
基本的に
全て新着は毎日楽しく読ませていただいております!毎日楽しく訪れるサイトはこちらのみです〜
そうなんです!出身が町田市なんですが、逸見と書く逸見は小さい頃町田市で10人いなかったことを思い出します。辺見を含めると増えるんですが、やはり武田の血を引く逸見と思いたいところです!
Re: 皆野!
りゅう様 御来訪ありがとうございます。

 根城~南部家の歴史のレポートを、おほめ頂きありがとうございます。

 高松城周辺は徘徊したことがあります。

 勿論、本体は採石で跡かたもないのですが・・・

 北西に物見的なピークを見つけ、ひとり悦に行ったのを記憶しています。

 逸見家の流れをお汲みなのですか?

 ルーツが判るのはうらやましいです。

 私のつれあいのルーツは判ったのですが、

 自分のルーツはわかりません・・・
皆野!
こんばんは〜根城 そして南部の歴史 楽しかったです。やはりまとめ読みするのが待ちが無くて快感です。

ここの北側の山が勝手に先祖と思い込んでいる一族の居城です。高松城というらしく。ただ今は採石のため跡形も無く削られたみたいで、在りし日の写真は、何とあの日本城郭大系のカラー巻頭を飾っておりまする。鉢形城までしか行けてませんが、いつか行きたい場所トップIIIであります。
小ネタでしたー
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード