HOME   »  中世城郭  »  日尾城(6) ~ 武田からの返却

日尾城(6) ~ 武田からの返却

 日尾城の最終話です。

141_20151002143428e7f.jpg
 三郭は笹やぶで進入不能でしたが・・・

123_20151002143514d68.jpg
 北側から見上げた三郭です。

 遠目にも、削平がきちんとされていることが感じられます。

日尾城
 山上にもかかわらず、郭が多く、大兵の駐屯が可能であることが、日尾城の特徴ですね。

*第三話で、日尾城主の奥方が武田勢を撃退した伝説を披露いたしましたが、実際のところは・・・

127_20151002143747b4e.jpg
 鞍部に入りました。

 鞍部から西側を見下ろすと・・・

*武田勢は、秩父に乱入すると寺社や家々に放火してまわりました。

 秩父の人々は、これを「信玄焼き」と呼ぶそうです。

 「信玄焼き」の結果、日尾城を含む北西秩父は武田の領国となりました。


130_20151002143956a01.jpg
 Mさんの小ささから、郭の広さが実感できます。

*1571年、北条と武田が和睦すると、日尾城を含む北西秩父は、武田から北条へ返却されました。

 また、武田は「信玄焼き」で焼失した寺社を再建したということです。


128_2015100214410049b.jpg
 鞍部から本郭を見上げました。

*豊臣秀吉による北条征伐の時、秩父を掌握する北条氏邦は鉢形城に籠ったとされます。

131_20151002144241e04.jpg
 近くで見ると、塁壁が切り立っているのがわかります。

*「関東古戦録」には、甲斐から徳川が攻め込むのに備え、秩父西部では 「横瀬根古屋城」 と、日尾城に兵が配置されたと記されています。

 しかし、豊臣軍が攻めた城の記録に両城はありません。


133_20151002144139544.jpg
 本郭です。

*いずれにせよ、鉢形城の開城と北条氏の没落により、日尾城は廃城となったと思われます。

136_201510021443469d8.jpg
 日尾城址碑の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード