HOME   »  史跡  »  鷲窟山観音院(1) ~ 秩父31番札所

鷲窟山観音院(1) ~ 秩父31番札所

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成27年9月19日、お城仲間のMさんと鷲窟山観音院に行って参りました。

日尾アク
 埼玉県秩父郡小鹿野町飯田2211にあります。

188_201509231357362f7.jpg
 秩父31番札所にあたるということです。

186_2015092313593890e.jpg
 縁起が記されていますね。

 鎌倉幕府成立の功労者、西武蔵を地盤とする畠山重忠がこの地へ、狩りに訪れた際、

 鷲の巣を見つけたので矢を射ってみたが、どうしたことか、何度射ってもすべて跳ね返されてしまいました。

 不思議に思った重忠が、家臣の本多さんに命じて巣を降ろさせると、平安時代将門の乱で所在不明になっていた聖観音像がそこにありました。

 その後重忠はここに観音堂を建て、聖観世音菩薩を安置したということです。

 それで、鷲窟山なんですね。

185_2015092314010502f.jpg
 参道には仁王像が睨みをきかせています。

183_201509231401337b5.jpg
 石造りの仁王像としては日本最大で、高さが4メートルもあるということです。

184_2015092314022568c.jpg
 観音院は山腹にあり、観音院まで石段が続いています。

 石段は、296段だそうです。

 この段数を知った時の参拝者の衝撃を和らげるため、小坊主さんがほほ笑んでいてくれます。

182_20150923140531b4a.jpg
 階段はきついですが、美しい花々が励まして下さいます。

179_20150923140733393.jpg
 どうにかたどり着いたようです。

 「鷲窟山観音院第2話・岩と滝のパワースポット」へ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード