HOME   »  中世城郭  »  虎ヶ岡城(3) ~ 北条は屈曲

虎ヶ岡城(3) ~ 北条は屈曲

 虎ヶ岡城の第3話です。

048_201509261504141f6.jpg
 堀切2から「A」へ入ってきました。

虎ヶ岡城西
 「A」から「B」にかけては、藪でわかりにくかったので、「歴史群像」掲載図面を参考にさせて頂きました。

 本郭の裾から土塁が突き出ていて、攻城兵の進行に屈曲を強いる構造であると、解説されていました。

 屈曲で停滞する攻城兵を本郭からの射撃で打ち取る防御構造です。

 この地域は、戦国時代に北条の領国に組み込まれました。

 北条の縄張りは、屈曲好きで、無理にでも屈曲をとりいれる傾向がありますね。

 049_20150926151656a24.jpg
 その突き出た土塁です。

 藪でわかりにくいので白線で示してみました。

052_20150926151818f2c.jpg
 「B」の南端です。

 この下には・・・

050_20150926151941ee5.jpg
 「D」の腰郭があります。

 南の斜面は非常に急です。

051_20150926152055e80.jpg
 「D」から「B」を見上げました。

053_201509261526074f8.jpg
 「B」に戻ってきました。

 「B」から、本郭への通路も屈曲の横入りとなっています。

056_201509261526579f7.jpg
 本郭に入り、小口を振り返りました。

 「虎ヶ岡城第4話・岩井戸残存」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード