HOME   »  中世城郭  »  金尾要害山城(1) ~ 和銅の尾っぽ

金尾要害山城(1) ~ 和銅の尾っぽ

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年9月19日、お城仲間のMさんと金尾要害山城に行って参りました。
 埼玉県大里郡寄居町金尾にあります。

金尾アク
 秩父盆地入口の狭隘な地形を利用して、敵兵が秩父盆地へ入れないように、城郭を集中的に配置しています。

 金尾要害山城は、秩父への入り口を塞ぐように起立し、敵が攻め込んでくる方向をを睥睨できる位置にあります。

009_201509231305346e7.jpg
 つつじ山入口の表示があります。

 この表示のすぐわきにはモータープルがあり、車で安心して訪問することができます。

010_20150923130717c88.jpg
 つつじ山への階段が整備されいます。

 7年ぶりくらいの訪問でしょうか?

 あれは、「城跡ほっつきあるき」のオーナーにお願いして、オフ会「山城入門編」を開催した時のことでした。

 入門編という言葉に安心されたのか、ビジネス用の革靴で参加されて方もいらっしゃいました・・・

011_2015092313095750d.jpg
 階段を登っても整備された道が続いています。

017_20150923131247f3e.jpg
 ここで順番を飛ばして、三郭にある解説版を・・・

 この地が何故「金尾」と呼ばれるようになったのか?

 奈良時代、秩父で銅が産出されました。

 詳しくは ⇒ 和銅露天掘跡

 銅(金属)の産出する山塊の尾っぽに位置するということで「金尾」と呼ばれるようになったそうです。

013_20150923131729a2a.jpg
 道が整備されていたのは途中まででした。

 山城への道は無いに等しい状態です。

 以前来た時は、雑草などなく、美しい公園だったのですが・・・

 しかし、此処まで来て帰るわけにはいきません。

014_20150923132000e87.jpg
 三郭にたどり着きました。

 愛宕神社が祀られています。

金尾要害山城
 南側に街道がとおっており、峠を押さえる城でもあったようです。

016_201509231321538e7.jpg
 三郭の、図、向かって右側です。

 「金尾要害山城第2話・藤田重利築城」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード