FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県宮野城 ~ 上杉謙信宿営

群馬県宮野城 ~ 上杉謙信宿営

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年5月23日に、宮野城に行ってきました。

 

宮野アク

 宮野城は、群馬県利根郡みなかみ村の猿ヶ京温泉街にあります。

 

IMG_2123.jpg

     宮野城は、赤谷湖に突き出すような断崖上に築かれています。

 

          戦国期に赤野湖は、ありませんでした。

 

IMG_2126.jpg

 

     先程の写真が南側から・・・ この写真は東側から・・・・

 

       この角度のほうが、突き出し感がありますね・・・・

 

IMG_2133.jpg

 

 宮野城のすぐ北には、越後から関東へ進む、三国往還が通り、関所が設けられていました。

 

 上杉謙信が初めて三国峠を越えて、関東に進出した際には、既に宮野城はあったようです。


 こんな逸話が残っています。宮野城に宿泊した上杉謙信は、自分の歯が8本抜け落ちる夢を見て不機嫌になってしまった。

 

 そこで直江山城守(直江兼続の奥さんのお父さん)が、機転を利かせ「関八州が手に入る吉夢ですぞ」と、励ましたとのことです。

 

 また、謙信は申年(さるどし)生まれなので、この地を猿ヶ京と名付けたとのことです。

IMG_2127.jpg

 

 勝手に何も残っていないだろうと思い込んでいましたが、堀がありました。

 

 上杉謙信亡きあと、宮野城は一旦北条の支配することとなました。武田から北条へ寝返った高山村尻高城の尻高左馬之助が、北条氏の命で宮野城の守りにつきました。

 

IMG_2128.jpg

 

         こっちの堀ではユンボが作業をしていました。

 

   まさか? 堀を埋めているんじゃないでしょうね? 違うと言って!!

 

しかし、真田昌幸が吾妻から沼田に進出すると、宮野城は真田領内に孤立してしまいました。

 

IMG_2131.jpg

                 土塁も残っていました。

 

「沼田伝説」によると、真田昌幸は海野輝幸に命じて宮野城を攻囲させます。

 

miyano.jpg

 イメージ図を御覧頂けるとお解り頂けると思いますが・・・ 断崖に囲まれた宮野城は、防御性は高いのですが、一旦北側を抑えられると、夜陰に紛れて城を落ちることができません。


 海野輝幸は、尻高左馬之助へ降伏を勧め、尻高左馬之助は城兵の助命を条件に城を開き、自らは後閑の恩林寺で自刃したとのことです。


 

IMG_2129.jpg

     現地解説版もありますが、事実誤認が多いように思われます。

 

 武田家が滅ぶと真田昌幸は、織田家家臣、滝川一益へ忍従します。隣国越後の上杉景勝はこの混乱に乗じ、3千の兵を派遣し、滝川勢を追い散らし、宮野城を確保しました。


 本能寺の変で織田信長が死ぬと、滝川一益は上州を捨てて帰国してしまいます。

 

 真田昌幸は自立の道を歩む足場を固めるため、矢沢頼綱に宮野城攻めを命じます。矢沢頼綱が宮野城に迫ると、上杉方の城代栗林憲景は、退路を断たれるのを恐れ、越後へ帰国しました。以後、宮野城は真田の城として存続しますが、戦国の終焉とともに廃城となりました。

 現在、本郭は、温泉宿泊施設の敷地となっています。

 

 写真を撮り続ける私を、温泉宿泊施設の従業員の方が何か言いたげに見ておられます。

 

 必死に空気を読んだ私は・・・ 「日帰り入浴は出来ますか?」

 

 「出来ますよ、どうぞ、どうぞ」

 

IMG_2132.jpg

 

      サラサラのお湯で、汗でベタベタの肌がすっきりしました・・・

 

         上杉謙信も、温泉につかったのでしょうか?

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード