HOME   »  中世城郭  »  根城(11) ~ 向鶴家紋の言われ

根城(11) ~ 向鶴家紋の言われ

 根城の第11話です。

DSCF3915.jpg
 堀底に降り立って、本丸の塁壁を見上げました。

*秋田へ攻め込んだ南部グループですが、

 敵が地の利を生かして防戦したため、苦戦に追い込まれました。


DSCF3929.jpg
 堀底から見た北側です。

*南部グループでは、霊山月山へ戦勝の祈祷をすることとしました。

DSCF3928.jpg
 堀底から見た南側です。

*そんな時、根城南部光経は夢を見ました。

 月山の方向から、鶴が2羽飛んできて、空を舞っています。

 そして、星が9つ降ってきて、光経の懐にはいりました。

 光経は、不思議なこともあるものだと、周囲のものへこの夢のことを話しました。


根城
 「B郭」に接して、本郭に隠し小口があるため、「B郭」は馬出的な役割を持っていたのかもしれません。

*根城南部家家臣新田親行は言上しました。

 「 これは味方勝利を告げる霊夢に違いありません。

  鶴は長生きのめでたい生き物です。

  敵を打ち破り、味方が長生きするということです。

  九つの星が懐に入ったのは、秋田の領地が9万石手に入るということです。

  神仏の御加護により、味方の勝利は間違いありません。

  早速出陣しましょう。 」


DSCF3935.jpg
 その隠し小口です。

 急な登り道を石積みで補強してあります。

*いざ、出陣すると、本当に月山の方向から2羽の鶴が飛んできました。

 南部グループの面々の士気は上がり、秋田安東軍に勝利することができました。


DSCF3969.jpg
 これが、向鶴の家紋ですね。

*このエピソードから、根城南部家では、鶴の胸に九曜の星をあしらった「向鶴」OR「対鶴」を家紋に使用することとしたということです。

DSCF3930.jpg
 「B郭」西側の段差を、南から撮影しました。

*南部グループで、向鶴の家紋を使用したのは

 根城南部氏、三戸南部氏、九戸南部氏、毛馬内氏などです。


DSCF3941.jpg
 「B郭」西側の段差を、北から撮影しました。

 西から「B郭」に攻め登るのは容易ですね。

 あえて攻めのぼさせて・・・

*南部グループの主要な家が使用する家紋のいわれが、根城南部家の嫡男に由来するということは、根城南部家こそが、南部の正統であることを物語っているのではないでしょうか。

DSCF3931.jpg
 「B郭」に登りました。

 攻城兵が攻め登ったところを、本丸からの銃撃で殲滅する、キルゾーンのようです。

 「根城第12話・蛎崎の乱勃発」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード