HOME   »  中世城郭  »  白井城(8) ~ 白井長尾家の没落

白井城(8) ~ 白井長尾家の没落

 白井城の第8話です。

070_2015070213372417b.jpg
 本郭東下の土塁の上に立ちました。

 南向きに撮影しています。

 土塁と堀のラインが、左側に膨らみ湾曲しています。

*豊臣秀吉は、四国、九州を従えると、東国の雄北条家へ「上洛して、臣下の礼をとるよう」に命じました。

071_20150702133912857.jpg
 土塁は南(写真奥)へ向けて高度を下げていきます。

 この場所では一旦、直線となります。

*北条家当主氏直は言を左右にして、上洛しませんでした。

093_20150702142551370.jpg
 上の写真のあたりを、本郭の土塁上から見下ろしました。

 射撃の格好の的となることが見てとれます。

*1590年、豊臣秀吉は小田原北条氏の征伐を宣言し、大規模な遠征軍を編成しました。

 総勢は21万にものぼったとされます。


072_20150702134057dab.jpg
 土塁上を南へ進むと今度は、右側に膨らみ、湾曲しています。

 この湾曲が、多方向からの攻撃を可能とする、縄張りの工夫ですね。

*白井城主長尾政景は、小田原北条氏の命令に従い、小田原城の守備に付いたとされています。

081_20150702140738ed3.jpg
 今度は、堀底に立って、北向きに撮影しました。

 結構深いですね。

 往時はもっと深かったでしょうから、攻城兵がこの堀に落ちたら、這い上がるのは難しかったことでしょう。

*上杉景勝、前田利家、真田信幸等総勢3万5千とも言われる北国勢が白井城を囲みました。

白井城

 東側の堀と土塁のスケッチをするのを忘れてしまい・・・

 この角度のイメージ図だけとなってしまいました・・・ 申し訳ありません・・・

*城主不在の白井城は、僅かな守備兵で応戦しましたが、北郭を奪取されると、もはや抵抗する力は残っていませんでした。

087_201507021413049eb.jpg
 本郭桝形に戻ってきました。

 本郭で一番高い位置にある、北東方向の土塁へ登る道がついています。

 行ってみましょう!

*5月15日、白井城は城を明け渡して降伏しました。

 7月5日、北条氏直は小田原城を出て投降、北条氏の抵抗は終了しました。


090_20150702141450f0f.jpg
 登りました。

 堀越しに二の丸を見下ろすことができます。

 ここには優秀な狙撃手が配置されたことでしょう。

*関東管領の腹心として、重きをなした白井長尾家は没落の憂き目に合うこととなりました。

091_20150702141744fa3.jpg
 土塁北東の角です。

 「白井城第9話・江戸時代初期の廃城」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード