FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  白井城(4) ~ 関東幕注文筆頭

白井城(4) ~ 関東幕注文筆頭

 白井城の第4話です。

019_20150628091502794.jpg
 櫓台を背に、北郭を撮影しました。

*関東管領山内上杉家、扇谷上杉家、古河公方家が三つ巴の抗争を続け、相互に弱体化する中、北条家が勢力を伸ばしてきました。

 北条の脅威を前に、いがみ合っていた3家は結束して、北条家に反撃することとしました。


025_20150628091704d63.jpg
 北郭と三ノ丸を隔てる堀は浅くなりながらも残存しています。

*しかし1546年、関東管領山内上杉家、扇谷上杉家、古河公方家の連合軍は、北条氏康に撃破されてしまいました。

 伝説では、北条の川越城を囲んでいた連合軍に、北条氏康が夜襲を仕掛けたとされています。

 扇谷上杉家は滅亡し、古河公方家は北条の傀儡へと堕しました。


027_20150628091911854.jpg
 堀沿いに西へ進みます。

 戦国時代は、北郭が突出しているこの部分に、木橋がかかっていたのではないかと思われます。


*この事態に関東管領家の重臣や、馬回り衆までもが、北条へ寝返りました。

 管領上杉憲政は、本拠の平井城を保つことができず。城を捨てて北上野へ逃走しました。


白井城
 選地は、武蔵鉢形城と同じ、川沿い崖端ですね。

*やがて追い詰められた上杉憲政は、越後の長尾景虎(上杉謙信)頼って落ち延びることとしました。

 白井城の長尾憲景は、上杉憲政に付添って三国峠を越えると、上杉憲政を長尾景虎の元へ送り届けました。

 そして、長尾憲景は、上野白井へ帰国すると北条氏に降伏しました。


028_20150628093234ac3.jpg
 堀の西端に来ました。

*上杉憲政は、長尾景虎(上杉謙信)へ懇願しました。

 管領職を貴殿に譲る・・・ よって、ワシを上野へ帰しておくれ・・・

 1560年、上杉謙信は関東に、管領の秩序を取り戻すために、兵を進めました。

 北関東の武将たちは、雪崩をうって、これに合流しました。


029_2015062809294283e.jpg
 堀底を東方向に戻っていきました。

*この時、上杉謙信のもとに馳せ参じた武将の名簿「関東幕注文」が残されています。

 長尾憲景は、この「関東幕注文」において、別格の近衛前嗣、上杉憲政、長尾景虎(上杉謙信)を除いては、筆頭に記されています。

 上杉謙信の信頼が篤く、厚遇されていたことと思われます。


026_2015062809333756d.jpg
 堀底から櫓台を見上げました。

*長尾憲景は、上杉謙信配下の武将たちとともに、関東を席巻し、北条氏を小田原城に追い込みました。

033_20150628093125803.jpg
 次は、三ノ丸です。

 「白井城第5話・真田幸隆奪取」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード