HOME   »  中世城郭  »  田口城(3) ~ 天正壬午の人質

田口城(3) ~ 天正壬午の人質

 田口城の最終話です。

sIMG_1141.jpg
 西側から北郭の塁壁を見上げました。

 三段になっています。

*順風漫歩であった相木氏ですが、その運命に陰りが生じる日がきました。

 1582年、武田家が滅亡します。織田信長の侵攻による滅亡でした。


sIMG_1142.jpg
 塁壁を横から撮影しました。

 写真映えしますね。

*織田信長は、この時武田家の家臣を大勢誅殺していますが、誅殺者リストに相木氏の名前はありません。

 佐久は、織田領に組み込まれ、重臣の滝川一益に与えられました。

 滝川一益に出仕した豪族のリストに相木氏の名前はありません。

 逼塞していたと理解すべきでしょうか?


sIMG_1170.jpg
 北郭上から北側を撮影しました。

*同年、本能寺の変が勃発し、織田信長は急死します。

 織田家は混乱し、滝川一益は西国へ帰ってしまいました。


sIMG_1171.jpg
 北郭中です。

*佐久は無主の地となりました。

 当時の相木家当主常林は在地領主として返り咲き、田口城を拠点としました。


sIMG_1153.jpg
 二郭の東側には展望場所があります。

*その後、神流川の戦いで滝川一益を撃破した北条氏直が佐久へ侵攻してきました。

 相木常林をはじめとする佐久の豪族たちは相次いで、北条氏の傘下へと入りました。

 平山優著「天正壬午の乱」によりますと・・・

 北条の傘下に入った豪族が北条へ差し出した人質は、田口城に預けられていたということです。

 相木常林は、北条家より佐久筆頭の扱いを受けていたことになりますね。


 田口城
 田口城は広すぎて守りにくいのではとの感想を持たれることが多く、私も同感で大いなる疑問を持っていました。

 大勢の人質を収容するために、天正壬午の乱の際に、拡幅されたと考えると、納得できそうです。

sIMG_1154_2015061410561184a.jpg
 展望場所からは、五稜郭の龍岡城を見下ろすことが出来ます。

*北条氏直は、甲斐へ侵攻し、若神子で徳川家康と対峙しました。

 しかし、北条軍は黒駒合戦で大敗を喫します。


sIMG_1155.jpg
 展望場所から見上げた二郭の塁壁です。

*また、徳川方の依田信蕃と真田昌幸がゲリラ戦を展開し、北条軍の糧道を断ったため北条軍は窮してしまいました。

 北条氏直は、「甲斐、信濃は徳川の切り取り自由」との条件で和睦をし、撤退してしまいました。

 相木氏は完全に梯子を外されてしまいました。


sIMG_1167.jpg
 今度は本郭東側の塁壁です。

 石積みがあります。

*徳川家康は、佐久を依田信蕃に与えました。

 周囲の豪族は次々と依田信蕃に従いました。

 しかし、相木常林は臣従を拒否しました。

 佐久筆頭の扱いを受けたプライドが臣従を許さなかったのでしょうか?

 それとも、相木常林は北条氏の小田原へ人質を差し出していて、人質の命を守りたかったのでしょうか?

 攻めよせた依田軍に抗することが出来ず、相木常林は上州へと落ちのびました。


sIMG_1162.jpg
 本郭です。

*田口城は、依田信蕃の居城となりました。

 しかし、依田信藩は間もなく、岩尾城攻めで戦死してしまいました。

 その後、徳川家が関東へ移されると田口城は廃城となったようです。


sIMG_1108_20150614110959c06.jpg
 西側からの遠景でお別れです。

*追記

 当ブログを愛読して下さっている方から情報を頂きました。

 その方が、田口城について地元の皆様に聞き込みをしたところ・・・

 現在の地形は、後世の耕作によるものであるということです。

 私も、戦国後期まで存続した城なのに、導入路や小口が不明確で、ただひたすら段々になっているだけの現状に大いなる疑問を持っておりました。

 情報を頂いて、がっかりしたというよりは、腑に落ちたという気持ちです。


 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード