HOME   »  中世城郭  »  宮掛の要害 ~ 高地防御性集落

宮掛の要害 ~ 高地防御性集落

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年5月27日、宮掛の要害に行って参りました。

長源寺アク
 群馬県安中市上後閑甲にあります。

 群馬県遺跡地図に図示してありましたので訪問してみました。

 この城のネットレポートは、当方が初であるようです。

sIMG_1350.jpg
 宮掛の要害の北側は後閑川の深い谷となっており・・・

 この写真で撮影した南側は浅い谷で、堀状の窪みがあります。

sIMG_1351.jpg
 先ほどの写真から奥の方・・・東側に進みました。

 東の先も地形が落ち込んでいることが判ります。

宮掛の要害
 宮掛の要害の北西方向には高原状の地形が広がっています。

 宮掛の要害は、その高原地形の南東端にあります。

 高原状の地形を生かして、牧場か畑地の経営がなされ、それに従事する方々が外敵からの攻撃に備えやすい地形のここに集落を形成したのではないかと想像いたします。

sIMG_1353.jpg
 二郭に登ってきました。

sIMG_1352.jpg
 二郭の南半分は緩い下りとなっています。

sIMG_1354.jpg
 二郭から本郭方向を撮影しました。

 本郭は民家とそのお庭、畑などとなっております。

sIMG_1356.jpg
 「C」にはお堂があり、その背後の段差の上は・・・

sIMG_1357.jpg
 きれいに削平されています。

 「D」のあたりに堀切があるのではないかと探しましたが、埋められてしまったのか、発見することは出来ませんでした。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード