HOME   »  中世城郭  »  後閑堀ノ内 ~ 関所的保塁

後閑堀ノ内 ~ 関所的保塁

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年5月27日、後閑堀ノ内に行って参りました。

 この城のネットレポートは当方が初であると思われます。

長源寺アク
 群馬県安中市上後閑にあります。

 南榛名から松井田へ至る街道の渡河地点を押さえる関所的な保塁であったと思われます。

sIMG_1339.jpg
 後閑堀ノ内の南西には、後閑川が流れ、小井戸橋がかかっています。

sIMG_1340.jpg
 後閑川を背に、後閑堀の内を撮影しました。

 段差の上に木が整然と並んでいる場所です。

 右後方の山の切れ目を街道が通っています。

sIMG_1341.jpg
 塁壁のアップです。

 群馬県遺跡地図に図示されているだけでそれ以上の情報はありません。

sIMG_1342.jpg
 街道と堀ノ内の間には、深い堀が刻まれています。

 街道を意識した普請であることが伝わってきます。

sIMG_1348.jpg
 一方、背後に堀切は無く、ダラダラと背後の丘陵へと至っており、敵の侵攻へ本格的に備えた様子はありません。

 写真左側の道路が往時の堀であったのでしょうか?

sIMG_1345.jpg
 後閑堀ノ内は、単郭で、郭の内部は個人宅と畑になっていました。

 平時の関所兼名主屋敷的な役割だったのでしょうか?

sIMG_1347.jpg
 北側の塁壁の弓なり加減が少々・・・ カッコイイですね!

sIMG_1349.jpg
 後閑川対岸からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 初めまして。
ジャン様 はじめまして! ご来訪ありがとうございます。

 この堀ノ内は、防御性に?のつく部分もありますが、それも含めて
土豪の居館の一形態を残す存在ではないかと感じます。
 HPに掲示してありますようにリンクフリーです。
 リンクしていただけるのは、光栄です。
 有り難うございます。
 土の城に興味を持って、ブログ等で紹介される方が増えてきている
ようで、嬉しいです。
 では!
初めまして。
ジャンと申します。
拙いBlogを持っております。
この堀ノ内、先日、こちら様のサイトを参考に訪問して参りました。
素人目に「う~んなんだろうこれは?」としか思えなかったのですが、せっかく行って来たのだからUPしたいのです。その際、こちら様のサイトを本文中でリンクしてもよろしいでしょうか?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード