FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  大井城(2) ~ 石並城

大井城(2) ~ 石並城

 大井城の第2話です。

 今回は、王城の北に位置する石並城の遺構を紹介します。

sIMG_1271.jpg
 周囲よりも若干低いこの畑地が往時の掘であったものと推察します。

 写真の奥の方へ進んでいくと・・・

sIMG_1249.jpg
 推定堀跡のラインにだけ木が生えていません。

c大井城
 石並城は、細長いです。

 多分、堀で分断されて、幾つかの郭に分かれていたと思われます。

*大井氏は、周囲へ分流を配するなどして、次第に勢力を拡大していったようです。

 室町初期の1400年、信濃守護小笠原氏が、北信の豪族に攻められた「大塔合戦」では、大井光矩が仲介に入り、小笠原氏を脱出させています。

sIMG_1252.jpg
 現在の城内は、墓地と草地が混在しています。

sIMG_1267.jpg
 西側の堀は、くっきりと見て取れます。

 北向きの写真です。

sIMG_1268_2015060609573821d.jpg
 「D」の張り出し付近の堀を撮影しました。

 こちらは南向きの写真です。

sIMG_1261.jpg
 更に南へ進むと、塁壁はどんどんと高くなります。

sIMG_1259.jpg
 塁壁の高くなったあたりから、また、北側を撮影しました。

 「大井城第3話・公方の遺児を匿う」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード