HOME   »  中世城郭  »  前山古城(1) ~ 伴野氏か?

前山古城(1) ~ 伴野氏か?

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年5月20日、前山古城に行って参りました。
 長野県佐久市前山にあります。
 アクセスは、「前山古城北保塁」のレポートをご覧ください。

前山古アクⅡ
 私の山城の師匠「武蔵富岡」さんは、「これらの遺構が一体的な防御として構築されたのでは?」と推察されていますが、同感です。

 これらの遺構に関する記録はありません。

 室町期から戦国期にかけて、この周辺は伴野氏の地盤であったため、伴野氏築城説が唱えられています。

sIMG_1041.jpg
 中保塁から尾根筋を登っていくと2~3分で、前山古城に達します。

sIMG_1043.jpg
 四郭は細長く伸びています。

sIMG_1045.jpg
 四郭は東側の尾根の先端まで伸びています。

前山古城
 先人の図面をベースに、納得できない部分は、自らのスケッチを優先しました。

sIMG_1046.jpg
 「D」に登り、二郭の塁壁を見上げました。

sIMG_1047.jpg
 二郭は広いのですが、藪で観察が難しい状態です。

sIMG_1062.jpg
 二郭から三郭を見下ろしました。

 このあたりの塁壁は急で高いです。

sIMG_1048.jpg
 二郭から本郭へは「登り土塁」が伸びています。

 「前山古城第2話・室町初期か?」へ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード