FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県岩櫃城③ ~ 武田勝頼を迎えていたら?

群馬県岩櫃城③ ~ 武田勝頼を迎えていたら?

岩櫃城の続きです。

 

image2395101[1]

          竪堀を登りきりました。本丸が近いようです。

 

 跡を継いだ真田昌幸は、要衝沼田城を奪取し、更に長井坂城、津久田城、猫城、見立城を落とし、利根川以東へ武田家の勢力を伸ばすことに貢献します。

 

image601473[1]

 二の丸の表示があります。サイズや形状からすると、私的には馬出しかな?と感じます。

 

 上州では躍進を続ける武田家ですが、織田、徳川と接する遠江戦線は後退、武田勝頼は、真田昌幸に新拠点新府城の築城を命じます。

 

 

image6148030[1]

                 本丸への登りです。

 

 1582年、織田、徳川連合が信濃へ侵入します、武田家は家臣の造反が相次ぎ、新府城を支えるだけの軍勢が集まりません。

 

 真田昌幸は、勝頼へ岩櫃城での再起を促すと、岩櫃へ戻り、勝頼を迎える御殿を建設し始めました。

 

image8353802[1]

            本丸です。十分な広さがあります。

 

 しかし、武田勝頼は甲州の岩殿城を目指し、しかも、岩殿城主の小山田信茂の寝返りに遭い自刃。

 

image7836946[1]

    東側の展望です。手前の茂みが天狗丸。奥の山が柳沢城です。

 柳沢城は、藪コギ、岩登りの連続なので、素人の方は登らないようにしてください。

 

 この岩櫃城に武田勝頼が篭り、真田、内藤、小幡、藤田の軍勢が補佐、上杉景勝が援軍を出せば・・・

 

 歴史はどうなっていたことでしょう?

 

 このあと徳川の大軍を二度も翻弄した真田昌幸が指揮を取っていたら?

 

image4256263[1]

 本丸の奥には「北枡形小口」があります。帰りは、こちらから下りましょう。

 

 真田昌幸は、北条、徳川、上杉、豊臣と忍従先を変えながら乱世を浮遊します。関が原の戦いで、真田昌幸と幸村は西軍へ、信之は東軍へ別れ、お家の存続を図ります。

 

image1312302[1]

 真田昌幸は、上田城で東軍の主力を拘束・撃破するも、主戦場の関が原では東軍が勝利、希代の謀将真田昌幸は、高野山に流され、失意のまま世を去るのでした。

 

 戦後、昌幸の子、信之(東軍についた)が跡を継ぎます。

 

 岩櫃城の川平戸は宿場町として栄え、浪人衆などが集まってきたため、徳川家康の心配するところとなり、家康をはばかった、真田信之は、岩櫃城を廃し、川平戸を廃し、東方の台地上に、新たな宿場町「原町」を建設したとのことです。

 現在のJR吾妻線「群馬原町」駅北方の町並みがこれに当たります。

 

 名城の意外な終焉でした・・・

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード