FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  耳取城(1) ~ 大井氏分流

耳取城(1) ~ 大井氏分流

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年5月20日、耳取城に行って参りました。

耳取アク
 長野県小諸市耳取にあります。

 大井氏の分流「耳取大井氏」の城です。

sIMG_1284.jpg
 すぐ南の玄江院様の駐車場を拝借しました。

sIMG_1285.jpg
 境内には、耳取大井氏塁代の墓があるようですが、私はあまり思い入れが無いのでパスさせていただきました。

sIMG_1286.jpg
 西から見た玄江院です。

 要害地形に立地しており、耳取大井氏の居館があったということです。

sIMG_1288.jpg
 玄江院の北側には深くて広い沢があり、天然の堀となっています。

sIMG_1289.jpg
 更に北側へ視点をずらすと、沢の北側が耳取城の城域です。

 三郭の塁壁が見えます。

耳取城
 古図面と地形図を照らし合わせ、地形観察をし、現地の方に聞き込みをした結果、私の中で出来上がった概念図です。

 南と北を沢に守られ、西を千曲川の断崖に頼っています。

 道路貫通による破壊と、土取りによる破壊があるそうです。

sIMG_1287_20150521143330051.jpg
 沢を埋めて貫通した道路上から北西方向を撮影しました。

 本郭の塁壁が見えます。

sIMG_1290.jpg
 二郭の塁壁のほぼ垂直な部分です。

sIMG_1291.jpg
 二郭に入りました。

 広いですね。

 「耳取城第2話・大規模な土取り」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 全然わからん城でした。
Butch様 ご来訪ありがとうございます。

 Butch様も行かれましたか? 本当に判りにくいですよね。
 基本は東北に見られるような、団子虫型郭寄せ集めですね。
 私は何度目かでして、年度見てもよくわからなかったので、今回は本腰を入れて
地元の方に聞き込みをして、ようやく、ああ~そうだったのか?という感じでした。
 2話で終わってしまいます。申し訳ない・・・
全然わからん城でした。
お邪魔します、自分もここ行きました、疲れました‼ 城なんですよね? 三浦台地の大根畑の地形と変わらなくて・・・(苦笑)
I.ジョーンズよろしくの危険山城から一転こんな物件まで・・・さすがです! 軍事構築物としてどのように解説していただけるか楽しみです、それでは失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード