HOME   »  中世城郭  »  山中城(5) ~ 徳川軍西櫓へ

山中城(5) ~ 徳川軍西櫓へ

 山中城の第5話です。

IMG_9577.jpg
 尾根続きから、西郭を撮影しました。

*豊臣秀吉の総攻撃の指示を受け、徳川軍が攻めたのがこの、西櫓であるとされています。

 しかし、徳川軍の開戦後の記録は残されていません。

IMG_9574.jpg
 南方向から西櫓を撮影しました。

 堀底に仕切りがある「障子堀」が見事ですね。

 攻城兵の堀底での左右の移動を制限し、射撃の的としやすくするための普請です。

*徳川家康は、娘婿の家である北条家没落の戦の先頭に立ち、娘婿の旧領を得ました。

 そんな、不義な戦いであったから、記録が消されたのかもしれません。

山中城イメージ図
 西櫓は、この図では「F」の場所です。

*「関東古戦録」によると・・・

 北条家の軍議で、山中城への武将の配置が決まり、軍議が終わると、ある家臣がつぶやきました・・・

 「昨年、追加普請をしたとはいえ、山中城の守りは完璧とは言えない。

  そんな城に功臣を配置し戦わせるとは、無駄死にさせるようなものだ。」


 五遁こと私が見て歩いた感想も同じです。

 「H」は攻城兵の陣地を用意しているようなものだし、「G」は三郭より高い位置にあります。

 二郭は自然地形が残されていますし、三郭上から本郭へ登るのは容易です。

IMG_9575.jpg
 西側からの写真です。

IMG_9582.jpg
 西櫓の北西方向に来ました。

IMG_9586.jpg
 西櫓の北西側には架け橋があったということです。

IMG_9587.jpg
 この部分ですね。

IMG_9585.jpg
 アングルを引いて、架け橋を描き込んでみました。

 「山中城第6話・死の郭」へ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード