HOME   »  中世城郭  »  山中南城(3) ~ 屈曲先の隠し小口

山中南城(3) ~ 屈曲先の隠し小口

 山中南城の第3話です。

IMG_0074.jpg
 小口を抜け「L」に達し、振り返りました。

 Mさん、ご協力ありがとうございます。

 人ひとりが通行できる幅であることがわかります。

山中南城
 「L」から本郭までは、導入路がはっきりとしています。

IMG_0075.jpg
 四郭を撮影しました。

 土塁がでかいです。

 高さ7メートル以上あるのではないでしょうか。

 さて、四郭から先、どう進むのか・・・

IMG_0073.jpg
 三郭からの頭上攻撃にさらされながら進む屈曲通路がありますが、先は見通せないようになっています。

 小口を捜して「K」に降り立ち、二郭からの頭上攻撃にさらされる、攻城兵もいることでしょう。

山中南城側面
 曲がった先は、こうなっています。

 「 I 」と「K」は土塁で隔てられ、「 I 」の方が高くなっています。

IMG_0076_20150311132657168.jpg
 土塁と三郭塁壁の間には小口があります。

 四郭から見えにくい「隠し小口」ですね。

IMG_0077.jpg
 土塁のアップです。

IMG_0078.jpg
 「 I 」に入りました。

 「G」の保塁からの正面攻撃、三郭からの背面攻撃にさらされる構造です。

 本当に考えられた縄張りですね。

 「山中南城第4話・またまた隠し小口」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード