FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山中北城(1) ~ 飯櫃城支城

山中北城(1) ~ 飯櫃城支城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年2月21日、お城仲間のMさんと山中北城に行って参りました。

飯櫃城アク

 千葉県山武郡芝山町山中にあります。

*飯櫃城井田氏の家臣、和田氏の城であるということです。

 つまり、飯櫃城の支城であるということですね。

アク2
 更に詳しい地図を用意しました。

 車は、二つの登り口の間にある空き地に停めさせていただきましたが、お勧めできるものではありません。

 自己責任でお願いいたします。

IMG_0013.jpg
 この歴史を感じさせる鳥居が、登り口の目印です。

IMG_0014.jpg
 鳥居の右側には、徳蔵寺があります。

山中北城
 先人の平面図からおこしました。

 右上の「東」の、左から登っていきます。

IMG_0016.jpg
 今度は左側に、東腰郭下が見えます。

IMG_0017.jpg
 更に登っていくと、二郭が見えてきました。

 道は二郭からの攻撃が有効となるように屈曲しています。

IMG_0018.jpg
 二郭から道を振り返り、見下ろしました。

IMG_0019.jpg
 二郭は、竹林となっています。

IMG_0020.jpg
 二郭の南側には巨大な土塁が盛られています。

 今、登ってきた道は城主が根小屋から登って来る道ではないでしょうか?

 敵は丘陵続きの南側から、馬出へ攻めかかるはずです。

 「山中北城第2話・馬出二重堀」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 山中城と山中城?
Butch様 ご来訪ありがとうございます。

 耳取城は大井氏の分流の城ですよね。大井宗家の大井城も団子虫郭寄せ集めですから、大井氏様式というのがあったのでしょうか? 初めに田切地形ありきで、逆に地形に制約されてしまった感がありますね。 戦国期に改変しようにもあれでは、別の場所に一から作り直した方が早い感じですね。

 Butch様もお絵かきされるんですね。同志ですね。
 山中北城の図をお褒め頂き有り難うございます。自分の好きな縄張りの城だと描いていて楽しくなります。
 三島山中城と・・・似てますね。西櫓と本丸をくっつけると、山中北城になりますね。鋭い観察ですね。
 山中南城は、おっしゃる通り縄張りオタクによる、縄張りオタクのための城といっても過言ではありませんね。
 長い間千葉の城を誤解していて、反省しきりです。では!
山中城と山中城?
お邪魔します、耳取城は確かに北日本的ですね、地形によるものなのか?  独立大隊のキャンプ地の集合体に見えますね、城としては攻守に使いづらい縄張りですよね~
山中北城の図、キレイですね!導入経路の把握もされていて素晴らしい!(自分の描いた雑な絵が恥ずかしい)
ここは10年程前に行ったのですが、前後して三島の山中城にはまっている次期でして、「あれ?似ているな~」と感じたのでした、北城は西櫓、南城のオタク感もなんとなく北条的?・・・両者の谷部に街道でもあっての挟撃要塞なのかな~と? 
ご多分にもれずチバラギ・バンブー城でしたが、とても面白い城でした、再訪しようしようと思っていましたので来シーズンには五遁様のレポートを参考に是非行ってみようと思っています、それではまたお邪魔します、失礼いたします。 
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード