FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  飯櫃城(6) ~ 埋もれ土橋

飯櫃城(6) ~ 埋もれ土橋

 飯櫃城の最終話です。

IMG_0005.jpg
 二郭から堀越しに本郭を撮影しました。

IMG_0006.jpg
 「M」の張り出しの部分です。

 藪で判りにくいですが、堀が「M」を囲むように湾曲しています。

飯櫃城
 巨大な郭と、芸の細かい小口たちの対比が面白いお城ですね。

IMG_0007.jpg
 本郭の北側にやってきました。

 本郭への土橋が見えます。

IMG_0008.jpg
 土橋の右側が埋められてしまっていますが、往時は、両脇が切っ立っていたことでしょう。

IMG_0009.jpg
 本郭に入りました。

 北側から、南側を撮影しています。

IMG_0010.jpg
 「M」の張り出し部分は、大藪で進入不能でした。

 盛りあがって見えますが・・・

 土が盛ってあって高くなっているのか、藪で高く見えるのか判然としませんでした。

IMG_0011.jpg
 南側からの本郭の風景で、お別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: さすがですね!
butch様
 ご来訪ありがとうございます。
 飯櫃城は、兵糧が豊富な城なのかなと、妄想しておりました。
 
 道寸祭りというイベントがあるのですね。
 新井城に入れるとは、貴重な機会ですね。

 私は、昨日も今日も休日出勤です。
 決算の区切りがついたら、城三昧したいですね~

 新井城のお土産話をお聞かせいただけましたら幸いです。
さすがですね!
お邪魔します、ここは空港に行く際 時間を作り2回訪れましたが、農作業されていたり声かけされたり・・・と なかなか集中出来なかった記憶があります。 
細部まで観察、調査されておられさすがですね! 飯櫃は元来あった地名からなのでしょうかね~?
今後 新村、山中と面白い物件のレポート楽しみにしています!

既にシーズンオフですが来週は三浦の新井城が道寸祭りで一般開放されるようなので久々に行ってみる予定です。
それでは今後のレポート大いに楽しみにしています、失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード