FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  大崎城(6) ~ 腰郭土壇

大崎城(6) ~ 腰郭土壇

 大崎城の第6話です。

大崎城ラフ
 ここで、またまた全体の確認です。

 創築時は、二郭と本郭を含むなだらかな丘の上に、曖昧に郭を並べていたと思われます。

 戦国期に入ると、二郭を二本の堀切で分断し、更に三郭、その後四郭を順次拡張していったのでしょう。

IMG_9784.jpg
 二郭の東側には「A」の土壇があります。

IMG_9781.jpg
 二郭との位置関係はこうなります。

大崎城4
 図では上手く表現できていませんが、二郭の東側は地形的に傾斜が緩いので、それを補うために、土壇を設置したのでしょうか?

 腰郭は、二郭と中郭の二方向からの攻撃にさらされる場所です。

IMG_9783.jpg
 腰郭から二郭への小口が発見できず、強引に突破するMさん。

IMG_9776.jpg
 二郭です。南西方向を撮影しています。

IMG_9777.jpg
 二郭の北東方向です。

 右奥の方が低くなっていますので、そちらに小口があったかもしれませんね・・・・

 でも、藪で進入不能でした。

IMG_9774.jpg
 二郭の西側には、大きな土塁が盛ってあります。

IMG_9768.jpg
 二郭の北端にたどり着くと・・・

 何やら見えてきました・・・・

 「大崎城第7話・えぐれ堀切」へ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード