FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  大崎城(2) ~ 上下屈曲横堀

大崎城(2) ~ 上下屈曲横堀

 大崎城の第2話です。

IMG_9837.jpg
 「A」から「C」を見上げました。

 途中に土塁と堀があるのが見て取れます。

大崎城1
 戦国後期、千葉氏は北条の配下となりました。

 千葉氏の支城には、北条氏の指導のもと改修と拡張の工事が施されました。

 大崎城も北条氏の拡張を受けていると思われます。

 この部分の横堀は、上下屈曲しており、北条氏がよく用いる手法です。

IMG_9839.jpg
 「C」の下まで登ってきました。

 横堀がくっきりと見えます。

IMG_9830.jpg
 今度は「E」に登ってきました。

 尾根部分にあたり、敵の攻撃が集中しやすいため、土塁が盛られています。

IMG_9831.jpg
 「E」の下にも土塁があるため、「比高二重土塁」となっています。

IMG_9833.jpg
 堀に降りてきました。

 屈曲土塁になっているのが見て取れます。

IMG_9832.jpg
 振り返って「D」方向を見ると、堀と土塁が下っているのが見て取れます。

IMG_9836.jpg
 土塁は下った先で、また、屈曲しています。

 屈曲させることにより、様々な方向から攻城兵へ攻撃を仕掛けることが可能となります。

 「大崎城第3話・二重堀と土橋」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード