HOME   »  中世城郭  »  本佐倉城(4) ~ 北条の堀か?

本佐倉城(4) ~ 北条の堀か?

 本佐倉城の第4話です。

IMG_9220.jpg
 「D」です。両側が堀です。

 丁寧に削平されており、兵士が行きかう空間であったことがわかります。

 堀底に攻め込んだ攻城兵へ、ここから石をなげつけることを想定していたと思われます。

本佐倉セッテイ
 ぱっと見の判りやすさを追求するため、デフォルメや省略を施してあります。

 攻城兵が「D」を無視して先に進むと、「D」から背後を突かれます。

 攻城兵が「D」を制圧しても、「D」は五郭からの射撃の制圧下にあり、「D」を維持し続けるのは容易ではありません。

IMG_9221.jpg
 「D」から南へ進むと、郭は幅が広くなっていきます。

IMG_9222.jpg
 先端付近から、五郭方向の堀を見下ろしました。

 藪ではありませんね・・・ 降りてみましょうか・・・

IMG_9224.jpg
 南側の根小屋方面は、藪で進入不能でしたが、北側は・・・

IMG_9226.jpg
 なかなか写真映えする堀底です。

 先を見通せないように屈曲させていますね。

IMG_9227.jpg
 堀底を北に進んでいます。

 このあたりでは、「底の方は緩やかだけど、登っていくと急になる」手法を用いていますね。

IMG_9229.jpg
 更に北へ進んでいます。

 このあたりでは「壁面のスソを交差させる」手法を用いています。

 北条氏がよく用いる手法ですね。

 戦国期になると千葉氏は北条氏の傘下に入っておりますので、この堀は北条氏が追加普請したものであると思われます。

 「本佐倉城第5話・セッテイ小口」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード