FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  尾沢渡城(3) ~ 長篠の後か?

尾沢渡城(3) ~ 長篠の後か?

 尾沢渡城の最終話です。

IMG_8630.jpg
 本郭の南側の尾根筋にも郭が配置されています。

IMG_8629.jpg
 南の尾根筋から攻め上がった攻城兵が唯一の本郭への小口を有する東方向へ移動しにくいよう「遮蔽土塁」が設けられています。

尾沢渡城
 古い部分と新しい部分が混ざり合っていますが、本郭を中心にバランスのとれた縄張りとなっています。

IMG_8631.jpg
 「G」の腰郭です。

 時の経過とともに、本郭の塁壁が崩れて、腰郭全体が斜めになってきてしまっていますね。

IMG_8638.jpg
 今度は「H」の北側に来ました。「二連土塁」です。

 迂回阻止のための構造物ですね。

 「二連土塁」の斜め下には、重ねて迂回を阻止するための・・・

IMG_8639.jpg
 「竪掘」がうがたれています。

 申し訳ありません。白線に頼らねば何も判らないような写真ばかりで・・・

IMG_8642.jpg
 「I」から「H」へ至る途中には、石積みがあります。

 往時のものであるかは判断がつきませんでした。

IMG_8647.jpg
 「H」から「本郭」へ至る通路です。

 ここの防御が恐ろしく緩く・・・

 近世に耕作のため、土塁を崩す等の破壊が行われたのではないかと推察いたします。

IMG_8648.jpg
 本郭です。藪で見栄えがしないのが残念です。

*さて、この城に武田が改修を加えた時期はいつごろでしょうか?

 長篠合戦で勝利を収めた徳川家康は、諏訪原城を制圧し、大井川以西の東海道を手中に収めました。

 困ったのは大井川以西の山間部にて、武田方として踏ん張る犬居城の天野氏です。

 天野氏は、大井川以東の武田勢と連絡を取るのに、東海道を使用できなくなりました。

 そこで、武田氏は天野氏との連絡を確保し、物資を供給できるよう、「山の道」を整備したのではないでしょうか。

 尾沢渡城は、「山の道」の中継基地として、急遽改修を加えられたが、間もなく武田は滅亡したため、その短い使命を閉じた・・・といったところではないかと・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード