HOME   »  中世城郭  »  千軒山城(2) ~ 堀切と腰郭の連結

千軒山城(2) ~ 堀切と腰郭の連結

 千軒山城の第2話です。

IMG_8245.jpg
 岩を乗り越えてから、斜面は急になり、この様にロープを伝って登ることとなります。

 キツクテ、キツクテ、何度も休憩をとりました。

IMG_8246.jpg
 ようやく堀切1が見えてきました。

 詰城部へ到着です。

IMG_8248.jpg
 堀切1に立って南側を撮影しました。

 堀切のラインが下っていった先で、腰郭(A・B・C)になっています。

千軒詰城
 後に、写真を掲載しますが、堀切2も腰郭とつながっています。

 また、腰郭は竪掘により分断されています。

 これらの技法は、霧ノ城にも用いられており、両城が同じ時期に同じ勢力により構築されてことを暗示しています。

IMG_8251.jpg
 本郭に入りました。

 建物を構築するような広さは無く、敵が去るまで、野宿でしのぐつもりだったと思われます。

IMG_8253.jpg
 標高772M、千軒山(城跡)一夜ヶ城と記されています。

 一夜ヶ城は、千軒山城の別名です。

 城が完成して、一夜明けたら城主が死んでしまったという伝説が残っているそうです。

IMG_8249.jpg
 本郭の南側は比較的緩いのですが、北側はこの様に急斜面です。

 だので北側に郭は配置しなかったのだと思います。

IMG_8254.jpg
 堀切2が見えてきました。

 「千軒山城第3話・戦国時代の謎」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード