FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  坂戸城(13) ~ 実城本郭

坂戸城(13) ~ 実城本郭

 坂戸城の最終話です。

sIMG_7892_20141017133850b24.jpg
 小城方向から見た、実城です。

 赤い屋根の御堂が建っているところが、本郭の櫓台です。

sIMG_7893.jpg
 更に近づくとお堂の屋根が見えなくなるのが不思議ですね。

坂戸城本郭
 坂戸城の縄張りは全体として単純ですが、本郭周辺には、引き回し通路や、桝形状遺構があり、やや技巧的です。

 戦国末期に改修されたのかもしれません。

*1582年3月11日、織田信長は武田勝頼を攻め滅ぼすと、家臣の滝川一益を上野に配置しました。

 滝川一益は、早くも5月23日には、上野と越後の国境三国峠へ兵を進めました。


sIMG_7866.jpg
 二郭に入りました。

 「B」と「C」二段階の高さから銃撃を受ける空間であることが視認できます。

 本郭への登り口は「D」です。

 二段射撃をかいくぐりながら「D」まで到達するのは、大変そうです。

*滝川一益は坂戸城へ攻めかかるも、守りは堅固で落とすことは出来ませんでした。

 6月に入ると、何故か滝川勢は撤退していきました。


sIMG_7856.jpg
 先程の写真から、反対方向から「D」の登り口を撮影しました。

*坂戸城兵は、何があったかと不思議がりましたが、後に織田信長が本能寺に倒れたことを知り、ほっと胸をなでおろしたのでした。

sIMG_7857.jpg
 「C」に登ってきました。

 通路は狭く、その上、「B」から槍で突かれます。

*上杉景勝は、その後、豊臣秀吉とよみしを通じ、五大老の一人に抜擢されるなど、政権に重きを置くようになるのでした。

 坂戸城が無ければ、五大老どころかその後の歴史から消えていたかもしれませんね。


sIMG_7861_20141017150208433.jpg
 本郭です。お堂が建っているのが櫓台・・・

*上杉景勝が国換えとなると、この地には堀氏が入りました。

 堀氏は、山上の城を廃し、麓に石垣の御館を築き、そこを坂戸城としました。


sIMG_7863.jpg
 お堂の引き戸は、開くんです・・・・

 天候不順時には避難小屋として活用しているということです。

 維持管理のために、お賽銭を奉納して参りました。

sIMG_7865.jpg
 解説版です。

 国指定史跡なんですね。

*1610年、堀氏は信濃飯山へ国替えとなり、坂戸城は廃城となりました。

sIMG_7859.jpg
 本郭からの、三国峠方面・・・ 絶景ですね・・・

 この方向から、北条や織田の大軍が攻めよせてきたとき、本郭からはっきりとその様子が見て取れたことでしょう。

sIMG_7922.jpg
 ふもとからの遠景でお別れです。

 壮大な規模と、地形の俊険さに裏打ちされた防御力に圧倒され、魚沼盆地の景色に魅了されます。

 登山道は良く整備されていますので、土の城マニアの皆様は是非、足をお運びください。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「新潟の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード