FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  坂戸城(9) ~ 実城への堀切

坂戸城(9) ~ 実城への堀切

 坂戸城の第9話です。

sIMG_7837.jpg
 主水郭の背後には、「堀切3」があります。

坂戸城・主水郭
 この位置関係になります。

 攻城兵が主水郭を落としても、細尾根に堀切があるので実城へ攻め上がるのは容易ではありません。

 堀切2の撮影を忘れてしまったようで・・・

sIMG_7840.jpg
 「堀切1」です。

坂戸実城
 図の左側から登ってきています。

*さて、坂戸城に国外から敵が攻めよせたことが2回あります。

 北条勢と、織田勢です。


sIMG_7841.jpg
 「堀切1」のアップです。

 この周辺は、通路以外林と藪になっており、見栄えのする写真は撮れませんでした。

*まずは、北条勢の話から・・・

 1578年3月13日、越後の龍と呼ばれた名将上杉謙信がこの世を去ります。

 謙信には、2人の養子がいました。

 一人は、坂戸城周辺を治める上田長尾氏よりの養子「上杉景勝」

 もう一人は、小田原北条氏からの養子「上杉景虎」

 両者は、謙信の跡目をめぐり、争うこととなります。

 御館の乱です。


sIMG_7843.jpg
 これでも、まだ、見栄えのする方です。

*上杉景虎は、実家の北条家へ援軍を要請しました。

 北条家が越後へ援軍を送るルートは、上野から、坂戸城のある魚沼地方に至るルートに限られています。

 同年7月5日、春日山城にいた上杉景勝は、坂戸城の留守をまかせていた、深沢、樋口、登坂の3氏に兵士を召集し、城を堅固にし、(北条勢が来襲したら)防戦に努めるよう指示を出しています。


sIMG_7844.jpg
 「五郭」入り、「四郭」を見上げます。

 中心部へ近づいてきたので塁壁が高いですね。

 通路は「四郭」の右側を進み、脇から横入りする「比企型小口」です。

*同年7月17日、上杉景勝派の上野の拠点「沼田城」が陥落し、北条氏政は越後へ軍勢を乱入させました。

 北条勢は、樺沢城を陥落させると、坂戸城に攻めよせました。

 応戦した登坂与右衛門が戦死するなど、被害は出たものの、坂戸城は北条勢の撃退に成功しました。


坂戸城本郭
 横入りする場所は「三郭」と「四郭」から挟撃出来るようになっています。

*しかし、武田勝頼の軍勢が越後に入るに至り、戦線は膠着しました。

 やがて、冬が訪れ、大雪に慣れぬ北条勢は、樺沢城に僅かな守備兵を残して撤退せざるを得ませんでした。


sIMG_7845.jpg
 横入りしつつあります。

*年が明けると、坂戸城兵は樺沢城を奪回し、北条勢は四散・・・

 3月24日には、景勝が、鮫ヶ尾城に、景虎を攻め滅ぼし、御館の乱は終結しました。


sIMG_7847.jpg
 「四郭」から「三郭」を見上げました。

 「坂戸城第10話・桝形の痕跡」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「新潟の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード