HOME   »  中世城郭  »  向原付城(3) ~ 寺院接収

向原付城(3) ~ 寺院接収

 向原付城の最終話です。

IMG_7760_20141006161018a75.jpg
 本郭西側の塁壁はアップにすると、なかなかな迫力です。

IMG_7761.jpg
 本郭の北西側に出ました。

 道路は往時堀であったケースが多いので、下の図面には堀を描き込みました。

向原付城
 本郭の北側の塁壁には微妙ですが屈曲の張り出しがあり、「外郭」と「B」を結ぶ狭隘部への攻撃を可能としています。

IMG_7767.jpg
 「B」は、北東方面が広くなっています。

 本郭の小口へ攻めよせる敵兵へ、側面攻撃を仕掛ける兵士たちの、兵溜まりとなっていたのではないかと推察いたします。

IMG_7762.jpg
 本郭の北東側の塁壁です。

IMG_7763.jpg
 本郭への入り口は、この様に塀が設置され、遺構が観察しにくいようになっています。

 正面に遮蔽土塁のようなものが見えますね・・・

IMG_7765.jpg
 これは「経塚」です。
 
 伊豆に流配された源頼朝が、父祖の冥福と源氏の再興を祈念し、法華経六萬部を埋納したと場所と伝えられています。

IMG_7766.jpg
 経塚の北東には、土壇があり、残存土塁であると推定されます。

 IMG_7764.jpg
 六萬部寺です。

 戦国時代には、存在していたようですので、豊臣勢の将校は、寺を接収することにより、宿泊場所を確保したのだと思われます。

 配下の兵士は、郭を普請しながら、掘立小屋を造って雨露をしのいだのでしょう。

IMG_7742.jpg
 向原付城からの、韮山城の遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト
Comment
励まし、ありがとうございます。
Butch様 御来訪ありがとうございます。
 韮山城、天ヶ岳城塞群、付城群で、1ヶ月半にも及ぶ、巨編となってしまいました。
 正直、労力と精神力を使いましたので、完結した今は、プチ達成感にひたっております。
 登り長土塁は、倭城の登り石垣の原型だったのではとする説ですね。
 時期的にもあり得る話ですね。

 相賀城の件は、行政の方が誠実に対応して下さり有り難い限りです。
 背中を押して下さった皆様に感謝です。
 ちょっと土をよせた・・・のを、元に戻して下さることを信じております。

 太閤陣に行かれますか? 私が発見できなかった遺構を発見して下さると嬉しいです。
 お土産話を楽しみにしております。
楽しませていただきました
お邪魔します、韮山城塞群、付城群のレポート大変楽しませていただきました。 尾根に築かれた長土塁はその後の倭城に見られる登り石垣の試作品か?とも思えるのですが・・・どうでしょう? 今後の研究が楽しみです。
相賀城ご苦労様でした、そういえば展望台?みたいなのが有りましたね、チバラギは遺構goodな城が ほとんど泣けてくる藪城なので・・・ 勝手ですが破壊前にパッと輝き消滅というのもありかな~ と思ってしまいます(苦笑) 取手山、多気山、小西 etc 最期の姿は素晴らしかったですね・・・
週末に太閤陣に行く予定です、面白い物が見つかったら報告させて頂きます。 それでは、失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード