HOME   »  中世城郭  »  盛岡城(10) ~ 明治に廃城

盛岡城(10) ~ 明治に廃城

 盛岡城の最終話です。

sIMG_7428.jpg
 本丸に入ります。

*明治維新の時、盛岡藩は奥羽列藩同盟に参加し、新政府軍に対抗しました。

 隣の秋田藩が新政府軍へついたため、盛岡藩は秋田領へ攻め込みました。

sIMG_7429.jpg
 本丸の東側です。

*当時秋田県鹿角郡は盛岡藩の領地でした。

 鹿角郡の藩士が、この戦争に多数動員されました。

sIMG_7442.jpg
 屈曲通路方向ですね。

*盛岡藩は、大館城を陥落させると、米代川沿いに西進しました。

 二ツ井に至ったところ、最新鋭の銃や大砲を装備した、新政府軍の援軍と遭遇しました。

 刀や、火縄銃では全く歯が立たず、盛岡勢は敗走し、降伏に至りました。

盛岡城1
 「S」は天守台であるということです。

*三戸南部は、福島県の白石へ飛ばされ、盛岡藩領は松代藩、松本藩、弘前藩の分割管理を受けることとなりました。

 私の女房は鹿角郡に所領を持っていた盛岡藩士駒ヶ嶺家の末裔です。

 (駒ヶ嶺家については、 「駒ヶ嶺館」 を御残照ください。)

 昨年亡くなった女房の母親の話によると、駒ヶ嶺家当主は秋田戦争に従軍した咎で詰め腹を切らされ、所領は没収されたということです。

sIMG_7436.jpg
 本丸の南東方面です。

*盛岡城は松代藩が管理していましたが、廃藩置県により、廃城となったそうです。

sIMG_7445.jpg
 本丸の中央には何やら台があります。

sIMG_7444.jpg
 三戸42代当主利洋が、日露戦争で戦死したため、銅像が建てられたそうです。

 その後、太平洋戦争で軍需資材として利用され、今は台だけが残っているということです。

sIMG_7441.jpg
 「S」の天守台です。

*江戸時代は、幕府を憚って天守を設置せず、三層櫓で代用したということです。

sIMG_7438.jpg
 本丸からの眺めでお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト
Comment
こちらこそ有り難うございました。
でいびす様

 こちらこそ有り難うございました。
 私は縄張りに集中しだすと、まわりが見えなくなってしまって
今回も皆様をお待たせすること数知れず。
 ご迷惑をおかけし申し訳ありません。
 こんな私にまた来年とお声掛け頂けるとは、感謝感激です。

 さて、内山城から五本松城縦走ですか?
 お疲れ様です。
 中野も城郭密集地帯ですよね。
 真山城が凄いのですか? レポートアップ楽しみにしております。

 来年ですね・・・
 真田郷で未訪の城が沢山ありますので、それと、あとは根津下上
も興味があります。Mさんの御意見も聞いておきますね。

 それでは、失礼いたします。
五遁さんこの間はありがとうございました。
また御返事が遅れて申し訳ありませんでした。
御久し振りにお会いできてとても楽しい時間が過ごせ、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
またご一緒しましょうね。お待ちしております。
PS:昨日はらんまるさんと佐久市の内山城から内山古城・
五本松城を縦走してきました。。。。。城跡は素晴らしいのですが距離がハンパなかったです。
また、今日は馬念さん・えいきさん・らんまるさんと中野市の真山城を巡ってきました広大な城域と遺構に感嘆ものでしたが
後半に雨が降ってしまいここだけでしたが大満足でした。
五遁さんと今度どこ行きましょうか。。。考えておいて下さいね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード