FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  鶉古城(1) ~ 北条落人伝説

鶉古城(1) ~ 北条落人伝説

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成26年8月30日、お城仲間のМさんと鶉古城に行って参りました。

鶉古城アク

 群馬県邑楽郡邑楽町鶉新田にあります。


IMG_7600.jpg
 多々良沼に西から突き出た半島の先に浮島があります。

 今は道路でつながっていますが、往時は離れ小島であったということです。

IMG_7605.jpg
 浮島には、弁財天が祀られています。

 何故、ここに弁財天があるかというと・・・

IMG_7603.jpg
 鎌倉幕府は、1333年に滅亡してしまいました。

 幕府執権北条高時の弟四郎は身を隠し、難を逃れていました。

 ある日、四郎の夢枕に弁財天が立ちました。

 鎌倉幕府時代に祀っていた江の島の弁財天さんでした。

IMG_7606s_20140905204632f1f.jpg
 この方のようです。この方がおっしゃるには・・・

 「群馬県に霊験あらたかな場所がありますよ。そこに住んで北条家の再興を目指しましょう。」

 そこで、北条四郎と弟五郎、家臣3名は多々良沼にたどり着きました。

 多々良沼には、江の島に似た離れ小島があったので、そこに弁財天をお祭りしたという伝説が残っておるそうです。

IMG_7604.jpg
 浮島から見た、東側の対岸です。

IMG_7607_20140903163005880.jpg
 浮島から、西側を撮影しました。

 半島状に沼へ突き出た地形があります。鶉小城です。

鶉古城

 落人が周囲から身を隠して生活するには丁度良い場所だったのでしょうか。

 「鶉古城第2話・館林城支城」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード