HOME   »  中世城郭  »  江田館(3) ~ 北条の改修

江田館(3) ~ 北条の改修

 江田館の最終話です。

IMG_7501_2014090310232634f.jpg
 今度は本郭の北側に来ました。

 土塁の斜度が一定していて、美しいですね。

江田館
 *由良氏は、その後半独立領主としての立場を保ちながら、北条陣営に加わっていました。

  やがて戦国も末期となると、中央で豊臣秀吉が台頭しはじめました。


IMG_7499.jpg
 先程の写真の位置から、東側に移動しました。

*豊臣秀吉は、上杉景勝を傘下に収めると、景勝を関東取次役としました。

 上杉景勝は、先代の謙信が亡くなった際に生じた後継者争い「御館の乱」で、越後まで介入してきた北条家に激しい敵意を持っていました。

 景勝は、同じく北条を敵とする佐竹氏と連絡を取り合い、北条氏を牽制することとなりました。


IMG_7500.jpg
 先程の写真を撮影した場所から南側を振り返りました。

 「A」へ向けて伸びる土橋へ、「C」から横矢攻撃を仕掛けることができる構造「横矢がかり」となっています。

*豊臣秀吉は、徳川家康と対立しました。

 徳川家康は北条氏と同盟を結び、陣営を強化しました。

 秀吉と家康の抗争「小牧長久手の戦い」が始まると、北条が援軍を出せぬよう、秀吉は関東に火種を落としたのでした。

 由良氏を佐竹陣営へ寝返らせたのです。


IMG_7497.jpg
 土橋を正面から・・・

*北条氏は激怒し、両軍は対陣しました。「沼尻の戦い」です。

 対陣は長引き、両者はやがて兵を引きました。

 その後、徳川家康が秀吉に屈服すると、秀吉の関心は九州平定へ・・・

 そのすきをついて、北条氏は由良氏へ攻勢をかけ、太田金山城と新田荘を割譲させました。

 梯子を外されてしまったんですね・・・ 


IMG_7508.jpg
 今度は「A」から、「横矢がかり」の様子を撮影しました。

*江田城には北条の武将が配置され、北条による改修が行われたようです。

 本郭の「折れ」や「横矢がかり」はこの時の北条氏によるものではないでしょうか。


IMG_7491.jpg
 現地に掲載されている、「初期江田館」の想像図です。

 「折り」も「横矢がかり」もありません。

IMG_7507.jpg
 本郭の北西方向。

(本郭内にはロープが張られ立ち入り禁止となっていました。写真はロープぎりぎりの場所で撮影しました。)

IMG_7506.jpg
 本郭の南西方向の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード