HOME   »  中世城郭  »  盛岡城(3) ~ 退却路の背後

盛岡城(3) ~ 退却路の背後

 盛岡城の第3話です。

sIMG_7399.jpg
 伏兵退却路を登っていきます。

 攻城兵がここを進むと「H」からの頭上攻撃にさらされます。

sIMG_7401.jpg
 更に進むと、正面「H」の奥は櫓台となっていますので、櫓上からの正面攻撃にさらされます。

 そして、その背後には・・・

sIMG_7380.jpg
 「C」があり、背後からも攻撃を受けることになります。

sIMG_7386.jpg
 「E」を背に撮影すると「C」の突出加減が良くわかりますね。

盛岡城1
 「D」から「E」への通路は、三方向からの攻撃にさらされるキルスポットですね。

sIMG_7382.jpg
 「C」に配置された狙撃兵の気分になれるアングルです。

sIMG_7379.jpg
 「C」は三角形に突出して、「B」から「D」へ至る通路への攻撃も出来ます。

sIMG_7381.jpg
 万が一、攻城兵が「C」を奪取した状況に備えて、「G」が突き出ていて、横矢攻撃を仕掛けることが出来るようになっています。

 なんという芸の細かさでしょう。

sIMG_7383.jpg
 「C」から先に進もうとすると、本丸からの攻撃が待ち構えています。

 完璧ですね。

 「盛岡城第4話・三の丸桝形小口」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト
Comment
行ってきます!
Butch様 御来訪ありがとうございます。
 明日の長野市周辺は天気が持つようで、決死の思い行って参ります。
 信濃衆とは足腰の鍛え方が違うので、私は多分、途中で、ひいひいと脱落気味に
成る可能性が高いです。
 しかし、信濃衆はそれを御理解下さって、お誘い下さるので、お言葉に甘えてい
ます。

 盛岡城と石垣山城の縄張りの類似性ですか?
 確かに本丸と二の丸の位置取りが似ていますね。
 石垣山城の本丸南の郭は、盛岡城の淡路丸・・・
 石垣山城の本丸に理の郭は、盛岡城の腰郭ですね・・・
 三戸南部は、豊織系の縄張り専門家を招へいしたのでしょうね。
 ウィキには「兵学者の内堀伊豆を普請奉行として築城に着手した。」とあります。
 堀内伊豆を検索しても何も出てきませんね~
 また普請奉行と、縄張師は違う可能性もありますし・・・
 謎ですね・・・

 このブログ、それなりにアクセスはあるのですが、声をかけて下さる方が少ないの
で、少々、寂しいです。
 Butch様にお声がけ頂くと、励みになります、いつもありがとうございます。
力作ですね!
こんにちは、信濃遠征 天候は大丈夫でしょうか? らんまる様と同陣とは心強いですね!北信でしょうか?
信濃は 本当に面白そうな物件目白押しで絞りこみも大変ですね。

盛岡城 力作ですね! 自分も現地で部分的にお絵かきに挑戦したのですが、謎?の立体図形になってしまいギブアップでした(苦笑)
総石垣の城はそれほど訪れていませんが、その中でも盛岡城は最も現実戦を仮定した石の要塞に思いました。そして現地で「虎口、郭配置・・・石垣山 ??」と感じました。
石垣山は何度も訪れて妄想復元を楽しんでいますが、それと非常に似ていてビックリ! ひな型にして築城したのでは??と思いました。
石の城では名護屋城や倭城とも似ているのでは? 誰が縄張りしたのでしょうか?興味深いですね!

それでは今後もレポート楽しみにさせていただきます、失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード