HOME   »  中世城郭  »  大給城(8) ~ 分家輩出

大給城(8) ~ 分家輩出

 大給城の最終話です。

IMG_7138.jpg
 二郭に入りました。

*大給城は、小牧長久手の戦いの際に手を加えられたと推察する方もいらっしゃいます。

 徳川家康が関東に移ると大給松平氏は、上野(群馬県)の所領を与えられたということです。


IMG_7144.jpg
 今度は本郭に入って、二郭方向を撮影しました。

*大給松平氏の本流は、後に愛知県西尾市を与えられ西尾藩を構えたということです。

IMG_7141.jpg
 先程の写真では、遮蔽石垣が木の陰になってよく見えませんでしたので、角度を変えて・・・・

*大給松平家の分家には、府内藩と大給藩があるそうです。

 府内藩は、九州大分県大分市の府内城にあったということです。


大給城
 二郭・本郭の南側と西側にも多くの郭群があるのですが・・・・

 この日は高温多湿が惨く、ろれつがまわらなくなりかけるなど、熱中症の危機を感じたため南側と西側は踏査しないで、撤退してしまいました。

 だので、踏査しなかった部分は図に入れておりません。申し訳ありません。

IMG_7145.jpg
 本郭には、城址碑がそそり立っています。

*大給松平家五代真乗の次男真次は、大坂の役の戦功に故郷大給の地を望み、大給藩をたてました。

 その後、1704年には、信濃佐久にも領地を与えられました。


IMG_7146.jpg
 本郭の西端にはあずま屋があり・・・

*1863年、信州佐久田野口に陣屋を移し田野口藩となりました。

 田野口藩は、幕末に五角形の龍岡城を造ったことで有名ですね。


IMG_7147.jpg
 あずま屋から西を見下ろすと、物見岩があります。

*明治維新以降は、子爵として扱われたということです。

IMG_7148.jpg
 物見岩からの豊田市の風景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「愛知の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: お疲れ様です。
Butch様 御来訪ありがとうございます

> フィリピンのピナトゥボ山大噴火時南西のスービックに居たのですが、スゴかったです!
⇒フィリピンで噴火に立ち合われたのですね! スゴイ!

> 御嶽山は三千㍍級の山ですから通常の陸自隊員ではガスマスク装着での活動は チョッとキビシイでしょうね・・・
⇒空気が薄いと、ガスマスクでは苦しくなってしまうのですね・・・
 お詳しいですね。ミリタリー関係の研究をされているのでしょうか。

*さて、私は本日、休日出勤の代休が取れたので、越後の坂戸城へ登ってまいりました。
 堅城でありました・・・
 素晴らしい眺望でありました・・・
 山城はいいですね・・・ では・・・
お疲れ様です。
御多忙の中 いつもお返事ありがとうございます、お気遣いなきよう(笑)
大給城は主郭北の岩の要塞感も良いですね、是非再訪したい城です。

御嶽山では一般登山の犠牲者が出てしまい非常に残念ですね。

フィリピンのピナトゥボ山大噴火時南西のスービックに居たのですが、スゴかったです!

御嶽山は三千㍍級の山ですから通常の陸自隊員ではガスマスク装着での活動は チョッとキビシイでしょうね・・・

それでは 御多忙の所すみません、失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード