FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  安祥城(2) ~ 人質交換

安祥城(2) ~ 人質交換

 安祥城の最終話です。

IMG_7190.jpg
 二の丸跡と本丸跡の間にも堀っぽい浅瀬が配置されています。

 底から本丸跡の土の盛り上がりを撮影すると・・・

 なんとなく城跡っぽい雰囲気が漂いますね・・・

*1540年、織田信長のお父さん「織田信秀」が安祥城を攻め落とし、信長の庶兄「織田信広」を置きました。

  織田の圧迫を受けた松平氏は今川へ加勢を頼みました。


IMG_7194.jpg
 この写真など、いい感じじゃないですか?

*今川氏は人質を要求し、松平家はこれを受け入れました。

 ところがその人質(後の徳川家康)は、謀略により、織田家へ送られてしまいました。


IMG_7197.jpg
 本丸跡には、大乗寺が建立されています。

*怒った今川義元は、軍師「太原崇孚雪斎」に大軍を任せ、三河へ派遣しました。

 策士雪斎は、松平家の離反を食い止める秘策を持って、この戦いに臨んだのでした。


IMG_7198.jpg
 歴史解説版が設置されています。

*城攻めでは、城兵が城を明け渡して、逃げ出しやすいように、一方向を空けて包囲することが多いのですが、雪斎は完全に安祥城を包囲しました。

IMG_7195.jpg
 古図面も掲示されています。深田に囲まれた浮城であったようです。

*雪斎は安祥城を攻め落とし、城主「織田信広」を生け捕りにしました。

 そして、「織田信広」の弟にして、織田家当主となった「織田信長」へ人質交換を持ちかけたのでした。


IMG_7199.jpg
 大乗寺のお堂です。

*織田信長はこれに応じました。

 織田信広は、今川から織田へ返却され・・・・

 松平竹千代(徳川家康)は、織田から今川へ返却されました・・・


IMG_7200_201408020902298b9.jpg
 城址碑の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「愛知の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード