FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  松平氏居館 ~ 松平東照宮

松平氏居館 ~ 松平東照宮

みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成26年7月26日、お城仲間のMさんと松平氏居館跡「松平東照宮」に行って参りました。

松平氏城郭アク
 愛知県豊田市松平町赤原13、松平城のすぐ近くにあります。

 周辺は、松平氏発祥の地「松平郷」として、観光整備されています。

松平郷
 現地配布資料から、地図を拝借しました。

*1278年~1287年ごろ、在原信盛がこの地にはいり、周囲を開墾、開発したそうです。

 居館は在原信盛により構えられたとされています。

 在原信盛の子、信重の頃、旅の僧徳阿弥がこの地を訪れ、信重の娘の婿となり、「松平太郎左衛門親氏」を名乗りました。

IMG_7016.jpg
 観光駐車場には、より判りやすい絵図面が掲示されていますね。

IMG_7015.jpg
 観光駐車場は、松平氏居館の隣にあり、往時は馬場として使用され「桜馬場」と呼ばれていたということです。

IMG_7014.jpg
 解説版もあります。

IMG_7018.jpg
 堀が残存しています。

 塁壁が石垣で固められたのは、松平(徳川)家が天下を平定してからのことでしょうか。

IMG_7019.jpg
 居館への進入路は土橋となっています。

IMG_7021.jpg
 居館跡は「松平東照宮」境内となっています。

IMG_7024.jpg
*松平郷は狭隘な谷の続く地形で、耕作地に乏しかったため、松平氏は平地へ進出し岩津城を居城としました。

 松平郷の松平氏は、それ以降分家の「松平郷松平氏」となり、存続していくこととなりました。

IMG_7023.jpg
 松平東照宮のアップです。

*元々松平家の屋敷神が祀られていましたが、徳川家康の死後、東照宮として整備されたようです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「愛知の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード