FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  松平親氏像 ~ 松平家始祖と天下池

松平親氏像 ~ 松平家始祖と天下池

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成26年7月26日、お城仲間のMさんと、「松平太郎左衛門親氏」さんの像を見て参りました。

松平氏城郭アク
 愛知県豊田市松平町赤原13、松平城のすぐ近くにあります。

 周辺は、松平氏発祥の地「松平郷」として、観光整備されています。

松平郷
 現地配布資料から、地図を拝借しました。

*1278年~1287年ごろ、在原信盛がこの地にはいり、周囲を開墾、開発したそうです。

 在原信盛の子、信重の頃、旅の僧徳阿弥がこの地を訪れ、信重の娘の婿となり、「松平太郎左衛門親氏」を名乗りました。

IMG_7040.jpg
 松平氏居館跡の斜め向かいに、「松平太郎左衛門親氏」の銅像を建てた公園があるとのことです。

 行ってみましょう!

IMG_7044.jpg
 彼が、松平家始祖「松平太郎左衛門親氏」です。

 IMG_7045.jpg
 身分不詳だったくせに、在地領主の娘をたぶらかして、家を乗っ取ってしまった人物ですので、イケメンに創られていますね。

IMG_7043.jpg
 親氏像の脇に「天下池」の解説版が有りました・・・ 解説版には・・・

 ある年、雨が降らずに皆困っていました。

 村人が息も絶え絶えの小さな蛇を踏んずけようとしたのを、親氏さんが制し、蛇を逃がしてやりました。

 すると蛇は龍に代わり、天に昇り、雨を降らせ、池ができました・・・的なことが書いてあります。

IMG_7041.jpg
 池には蓮の花が咲いていました。

*松平親氏は、そういった徳のある人物だったと言いたい伝説ですね。

(徳があったのだから、自然と家の中心になったという流れを暗に示そうという作戦ですね・・・)

IMG_7042.jpg
 池の周りは石垣で固められています。

*松平家始祖が徳のある人物だったから、後に松平家は天下を取ったのだという気持ちを込めて、「天下池」と名付けられたのでしょうか。

 ホームページ 「土の城への衝動」 >  「史跡の部屋」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード