FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  さった山陣場(6) ~ 東西大堀切

さった山陣場(6) ~ 東西大堀切

 さった山陣場の第6話です。

さった山陣場全体図
 「興津井上遺構」からクネクネ道を南東へ下っていくと、「東大堀切」の下端に到達することができます。

 「静岡県の城跡」によりますと、東大堀切の長さは500メートルに及び、堀幅は最大で30メートルであるということです。

IMG_6982.jpg
 自動車道の行き止まりから撮影しました。遠目にも迫力が伝わってきます。

 これだけの規模の普請をするのは北条氏以外に考えられません。

 駿河の守りを固めると信玄は横山城を去りました。

 体制を整えて、北条軍を撃破するためです。

 北条としては、信玄が富士川沿いを南下し、東海道を西に進み、東からさった山陣場へ攻めよせることを予想し、この大規模な普請をしたのだと思われます。

 実際には信玄が関東を席巻したため、北条はさった山陣場の兵の大部分を関東へ引き揚げさせねばなりませんでした。

 IMG_6983.jpg
 蚊に刺され、蜘蛛に絡まれながら、藪を突破し、東大堀切の南端にたどり着きました。

 堀底を登っていこうと考えていたのですが・・・

 台風通過の直後でしたので、堀底はぐちゃぐちゃで、とても登ることはできませんでした。

 冬に再訪したいと思います。

s001_20140725102707e86.jpg

  「戦国武将年表帖」の記述を参考に、武田信玄と北条氏政の対陣を時系列に紹介いたします。

 1568年12月6日、武田信玄甲府を発する。

 同年12月12日、武田信玄がさった峠の今川勢を敗走させる。

 同年12月13日、今川氏真居城、駿府城が落城し、氏真は掛川城へ逃れる。
 同日、徳川家康が今川領の蚕食を開始する。

 同年12月27日、徳川家康が今川氏真の籠る掛川城への攻撃を開始する。

 1569年1月、三国同盟違約に激怒した北条氏康は、息子氏政をして今川救援の兵を出立させる。
 同月18日、興津川を挟んで、横山城に武田信玄、さった山に北条氏政が対峙を開始。
 武田勢は1万8千、北条勢は4万5千。

 同年4月24日、武田信玄は久能城に板垣信頼、横山城に穴山信君を配し、甲斐へ帰陣する。


*つまり、信玄と北条氏政の対陣は4ヶ月強であったことになります。

 4ヶ月間、数万の兵を動員すればかなりの普請が出来ますね。

 次は「鯵ノ平西遺構」へ移動します。

さった山陣場鯵ノ平西遺構
 はじめに紹介した「承元寺遺構」から尾根筋を登った先にあります。

 「鯵ノ平」が巨大な駐屯地ですので、敵兵が「鯵ノ平」へ到達する前に、ここで阻止しようと普請されたのではないでしょうか。

 「西大堀切」ですが、現状、Fの部分はただの段になてしまっています。

 往時はもっと深かったでしょうし、多分、中山城ばりの障子堀だったのではと推察します。

IMG_6860.jpg
 西大堀切の南側です。

 堀幅は25から30メートルもあると言うことです。

IMG_6861.jpg
 西大堀切の北側です。

 この大堀切の全長は250メートルにも及ぶそうです。

 「さった山陣場第7話・堀切から屈曲竪堀」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: ド素人の妄想です・・・
butch様 ご来訪ありがとうございます。
再訪のさいは東側のハイキング コースからトライしてみようと思います。
東の大堀切は、広過ぎて逆に微妙なのですね?
東北の城には、堀幅20メートルはざらなので私にはきっと違和感なく観察出来ると予想はしております。
ただ、堀底へ向けて射撃を加える兵士の為の平場が確保されているかには興味があります。
薩た本城も冬に訪問するのを楽しみにしております。
近年発見の篠原城というのもあるのですね。
情報ありがとうございます。調べてみますね。
今日は、休日出勤で3つの会議を終え、夜にまた会合があります。
バレーボールを生で見ることが出来ないのが残念です。では、、、
ド素人の妄想です・・・
こんにちは、こちらは急に秋になっています。
東堀切は東側のハイキング コースからだと簡単にアクセスできますね、堀底を縦走し両サイドを徘徊したのですが・・・??な状態です、現状東側に残土の盛り土が見られ攻める側の防御壁に利用できるな~ 西斜面は移動・効率良く火器を配せる地形では無いな~ 堀底は幅広平坦で遮断目的としては・・・休憩処みたいだし(笑)
これって駐馬場?物置?伐採木材の集積,運搬道? 様々な妄想が浮かびました。
素人の勝手な思いつきです(恥)
是非冬場に再訪していただき、クールなレポートをお願いしたいです!
薩た本城、近年発見の篠原城も なかなか悩ませて貰える楽しい物件です。 それでは、またまたお邪魔させて頂きたく思います、失礼いたします。
Re: すげ〜
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 東堀切を登っていけなかったのは、誠に残念でした。
 冬になってから再挑戦したいと思っております。
 下の部分を見ただけですが・・・
 小田原城総構え御鐘ノ台大堀切に匹敵する、大普請だと感じました。
すげ〜
賤ケ岳よりすごいのでは!こんな大普請とは全く知りませんでした。もっと知りたい〜
楽しみです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード