HOME   »  中世城郭  »  さった山陣場(4) ~ 90Mの一騎駆け

さった山陣場(4) ~ 90Mの一騎駆け

 さった山陣場の第4話です。

さった山陣場興津井上遺構
 「こ」の郭の奥には、一騎駆け(長土橋)遺構があります。

 「静岡県の城跡」によると、長さは90メートルにも及ぶということです。

 武田軍に「興津井上遺構」を制圧されそうになった時、撤退の時を稼ぐための装置であると推察いたします。

IMG_6970.jpg
 「こ」の奥です。草ぼうぼうです!

 手元に何の資料もなければ、ここで引き返していたかもしれません。

 先人の資料とは実にありがたいものです。

IMG_6971.jpg
 ここからは一騎駆け写真館です。

IMG_6972.jpg
 北側はこんなに切り立っています。

IMG_6973_20140724161822c4b.jpg
 中程で窪んでいる部分があり、堀切ではないかと思います。

IMG_6974.jpg
 まだまだ続きます。

IMG_6979.jpg
 南側には狭い、腰郭状の段があります。崩落防止のためでしょうか?

IMG_6976.jpg
 まだ、まだ、まだ、続きます・・・・

IMG_6977.jpg
 まだ、まだ、まだ、まだ、続きます・・・

IMG_6978.jpg
 ようやく終点です。

 左側に土塁があり、ここに門が設けられていたと思います。

 古い地図を見ると、ここから鯵ノ平へ道が続いていたようですが・・・

 現在は大藪となっており、進むことはできませんでした。

 「さった山陣場第5話・水の手確保」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 改めて 図が美しい!
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 Butch様も「さった山陣場」の踏査をされているのですか? 嬉しいですね。
 この物件は北条軍の大軍が滞在したことが記録に残っていながら、「何もなかった」「大堀切だけだった」等の噂が流れてきていて、本当にそうなの?とずっと疑問に思っておりました。今回、お仲間のMさんから「静岡の城跡」を拝見させて頂き、全体像を地形図へ落とし込んでみると、急ごしらえながら、守りの要点は押さえてあり、また、遺構も見事なものが散見され、長年の疑問が晴れました。

 引き続き、レポートをご覧いただき、また、ご感想をお寄せ頂けると幸いです。
改めて 図が美しい!
こんにちは、さすが お上手です!自分も「静岡の城跡」を参考に遺構の確認~ 等高線図に書き込みし~ 自称"鳥瞰図のような絵" にしているのですが・・・don't bother me ! :-(

このての物件は学者先生達の興味の対象には なりにくいようですし・・・図面と照らし合わせた現地レポートは五遁様が初めてではないでしょうか?
自分は東側のハイキング コース からのアタックが多いのですが、ここら辺から上の遺構は藪との格闘になったのではないでしょうか?
それでは また お邪魔させて頂きます、失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード