FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  さった山陣場(3) ~ 対武田駐屯地

さった山陣場(3) ~ 対武田駐屯地

 さった山陣場の第3話です。

さった山陣場全体図
 ここで一旦、全体図に戻り、位置関係を確認します。

  「承元寺遺構」の南東方向に「興津井上遺構」があります。
 
IMG_6855.jpg
 武田信玄が本陣を置いた「横山城」のふもとから撮影した「興津井上遺構」です。

 地名からそう呼ばせて頂きました。

IMG_6965_20140724153459efe.jpg
 下の図「P」に愛車シビックハイブリッドを停め、「さ」を右手に眺めながら「す」を目指します。

さった山陣場興津井上遺構
 前回は「承元寺遺構」を紹介しました。

 「承元寺遺構」は、平場の面積があまり広くなく、籠れて数百であると思われます。

 今回は、その南側にある「興津井上遺構」の紹介です。

 「興津井上遺構」は、駐屯可能なスペースが広く確保され、数千人は寝泊まりできそうです。

 武田と北条が退陣した際の・・・

 対武田駐屯地であったのではないかと推察いたします。

IMG_6966.jpg
 「す」につきました。奥の「せ」が一段高くなっています。広いですね。

IMG_6967.jpg
 「し」です。ここも広いです。

 さしすせを併せると、千人以上楽に駐屯できそうです。

IMG_6968.jpg
 一旦「P」に戻ると、「こ」への登り口がありました。

IMG_6969.jpg
 「こ」です。ここもまとまったスペースがあります。

 奥に「鯵ノ平遺構」が見えますね。

IMG_6964.jpg
 南東から、「こ」を見上げました。

 手前が切り立ち、要害性が高いのが見て取れます。

 「さった山陣場第4話・90Mの一騎駆け」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード