HOME   »  中世城郭  »  成果なき探索 ~ 広木大仏城を求めて

成果なき探索 ~ 広木大仏城を求めて

 平成26年6月17日、広木大仏城を求めて探索をしてまいりました。

 広木大仏城は、御館の乱後武田勝頼が関東への攻勢を強めた際、北条が領土防衛のために築城したのではとされる城です。甲陽軍鑑や、関東古戦録に武田軍が広木大仏城へ攻め寄せた記述があります。

 広木大仏城の所在は現時点で特定さrていません。しかも、甲陽軍鑑や、関東古戦録は江戸時代に書かれた小説ですので、広木大仏城の存在自体を疑問視する向きもあります。

 そんな広木大仏城を求めて、数年来、埼玉県美里町大字広木周辺の小山たちをしらみつぶしに探索して参りましたが、遺構は発見できていません。

広木
 そこで今回は作戦を変えてみました。

 戦国時代、街道の渡河地点を押さえることは大変重要でした。

 そこで広木大仏城は、鎌倉街道上道の渡河地点を押さえる城として築かれた可能性はどうだろうと考え、航空写真を見てみるとそれっぽく写っている場所を2か所発見しました。

 胸を躍らせて、現地へ参りました。

001_20140627094137601.jpg
 まずは、鎌倉街道上道渡河地点近くの小山川です。

003_20140627094550bb8.jpg
 小山川を背に南側を撮影しました。

 バックに昨年、藪をかき分けて登った山があります。

 Aの個所は、周囲に比べてこんもりと高くなっています。行ってみましょう!

005_201406271112013ab.jpg
 土の盛り上がりが途切れて、小口っぽくなっている場所がありましたが・・・

 どうも近年、重機がはいった感じがします。

 広木大仏城の遺構が重機で削られてしまったのか? 

 工場用地として均した残土が放置されているのか?

 いずれにせよ城郭遺構は確認できない状態でした。

008_201406271117346b1.jpg
 南側からA地点を撮影しました。A地点に広木大仏城があったなら、低湿地に浮かぶ浮城だったのかななどと妄想は膨らみます。

016_20140627112123c10.jpg
 東側から見たBの地点です。河岸段丘が突出していて、城地にぴったりですね。

 しかし、周囲は完全に耕作されつくされ、遺構は確認できませんでした。

014_201406271124121c6.jpg
 更に南側を徘徊すると、庚申塚古墳がありました。

 石で囲まれた入口もありますね。

 古墳があるということは、この地が経済的に豊かな土地であったということですね。

 その豊かさを守るために、このあたりに城があったと思うのですが・・・・

 また、視点を変えて、広木大仏城を捜し続けたいと思います。

013_20140627112528e75.jpg
 古墳の全景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 暑中?残暑?お見舞い申し上げます。
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 お勤めお疲れ様です。
 関東への無事の御帰還、何よりです。
 いや~ この暑さと湿気には悩まされますね。

 大給城では汗でシャツがびしょびしょになり、ろれつがまわらなくなり
はじめ、熱中症になるのでは?と、危機感を覚えました。
 それでも大給城は楽しめました。
 通路の引き回しや連続小口、桝形的空間に、水の手囲い込みなど、私の
ツボでした。

 Butch様も松平郷へ行かれましたか?
 山奥で狭い谷・・・ こんなところから天下人を出した松平家が発祥した
のか? いやいや、こんな厳しい環境から這い上がってきたからこそ天下人
を輩出出来たのでは? などと思いを巡らせました。

 苗木城も行きたかったのですが、今回は松平家居城変遷ツアーでしたので
また今度といたしました。


 八王子から厚木まで高速道路がつながったので、三河へ行きやすくなりま
した。中央高速を使わなければ帰りの渋滞の心配も少なく、有りがたい限り
です。

 今週末は東北へ墓参りに行きます。早朝にホテル抜け出しての城巡りを企
画していますが、台風が心配ですね。

 それでは、善きお城ライフを!
暑中?残暑?お見舞い申し上げます。
こんにちは、1ヶ月振りに関東に戻りましたが・・・熱帯地獄ですね!
五遁様には各方面に精力的に遠征の御様子、脱帽です!
三河遠征に行かれたのですね、自分も以前 松平郷~恵那方面を廻ったのですが、大給城と苗木城 市場城と明智城に縄張り、パーツの共通を感じました。小牧・長久手の戦いが思い浮かびましたが??です。
しかし・・・あのダム遺構は異様な光景でした!城郭遺構なのか半信半疑です( なのでしょうね 笑)

今後も興味深い城のレポートをしていただける様で楽しみにしています、失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード