HOME   »  中世城郭  »  犬伏城(2) ~ 大手櫓台

犬伏城(2) ~ 大手櫓台

 犬伏城の第二話です。

犬伏城全体
 ますは全体像をご確認いただきます。

 第2話は、大手の部分の解説です。

犬伏城大手
 大手門を通過した攻城兵が道を進むと、櫓台の下で、通路は屈曲しており、屈曲地点で停滞すると、櫓台からの投石攻撃にあいます。

 その先は「A」から「B」にかけて延々と頭上攻撃にさらされます。

066_20140611123637ca6.jpg
 櫓台下への道です、登りになっています。

067_2014061112401555c.jpg
 櫓台下の屈曲地点です。キルスポットですね。

068_201406111243263e8.jpg
 道は弧を描きながら登っていきます。

 右上から攻撃にさらされることが視認できますね。

069_20140611124752f54.jpg
 「B」から「C」を見ました。

 ここのありの段差はさほどではありませんが、「B」から「A」にかけてはなだらかに下っているため、「A」方向との段差は結構あります。

070_20140611125415f17.jpg
 「C」に立って櫓台方向を撮影しました。よく見えないので一歩前に出ます。

071_201406111256450ef.jpg
 櫓台が見えました。

 「C」の郭は、大手防御の司令塔的な役割を担っていたのかもしれませんね。

072_20140611125903da8.jpg
 「C」を過ぎて、谷への道を下っていくと「居館」へ向かうことになります。

 「犬伏城第3話・居館長枡形」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「新潟の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード