HOME   »  中世城郭  »  大山城 ~ 佐竹分流大山氏

大山城 ~ 佐竹分流大山氏

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成26年4月12日、お城仲間のMさんと、大山城に行って参りました。

孫根アク
 茨城県東茨城郡城里町大字阿波山にあります。

IMG_6162.jpg
 1132年、大掾氏の家臣、鈴木五郎という者が初めて城を築いたとされる。

 その後1362年、佐竹第10代義篤は四男義孝を大山村に封じた。

 義孝は、城を再構築し、大山氏を名乗った。

 以後、9代、230余年にわたり、大山氏の居城となったということです。

IMG_6160.jpg
 大山城は独立台地を利用して構築されています。

 写真のように自動車道が台地上へ続いています。

*佐竹第14代義治は、大山氏の娘をめとりました。

 二人の間には男子が生まれました。佐竹第15代義舜(よしきよ)です。


IMG_6164_20140415165854fb4.jpg
 台地上には、模擬天主風の構築物があります。ホテル大山ですね。

*佐竹第14代義治が亡くなった時、分流の山入氏が蜂起し、佐竹宗家の本拠太田城を攻めました。

 佐竹第15代義舜(よしきよ)は、太田城を支えることができず、母の実家大山家を頼りました。


IMG_6163.jpg
 台地上にはいくつかの段差がありますが、往時の遺構かどうかはわかりません。

*大山氏は、義舜(よしきよ)を孫根城にかくまったということです。

IMG_6166.jpg
 東からの遠景、台地の北側です。

*1595年、佐竹家内の配置換えで、大山氏は小高城へ移り、大山城は廃城となりました。

 佐竹氏の秋田転封に大山氏は従い、角舘に居住したということです。


IMG_6167.jpg
 南側の遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード