HOME   »  中世城郭  »  埼玉県「秩父三峰城」① ~ 標高1100メートル

埼玉県「秩父三峰城」① ~ 標高1100メートル

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の菅原です。

 平成21年6月27日に、秩父三峰城に行ってきました。

 

 秩父三峰城は、埼玉県秩父市の有名な観光スポット「三峰神社」のすぐ裏にあります。

 

IMG_2567.jpg

 

 三峰神社は、奥秩父の標高1100メートルの山上にあり、古くから山岳信仰の対象として栄えてきました。

 

 鎌倉時代には畠山重忠公も参拝されたとか・・・

 

IMG_2568.jpg

 数年前、何かのオフ会で、どなたからか「三峰神社には城郭遺構が残っているんだよ」を、きかされた様な、そんな、不確かな記憶を元に、来てしまいました。

 

 駐車場から、神社までは広い参道が続いています。

 

 ふと、背後の尾根筋を見上げると・・・ もしかして・・・

 

 早くも発見か?

 

IMG_2569.jpg

 

 参拝客の皆さんの「この人何してるの?」的な視線を振り切り、石碑と石碑の間から登り始めます。

 

 

IMG_2570.jpg

 

 尾根筋に出ました、削平は曖昧ですが、室町期の山城は大体こんなもんです。

 

IMG_2572.jpg

 

 一番目の堀を発見しました! 左の光で白くなっているところがえぐられています。右側の削り残し土橋は、湾曲させてあり、敵の進入速度を低下させる狙いがあります。

 

IMG_2571.jpg

 

       土橋を越えると郭があります。行って見ましょう!

 

IMG_2575.jpg

 

   第二の堀の発見です。ここも右側が削り残し土橋となっています。

 


 

IMG_2576.jpg

 

 第三の堀です。強固な岩盤を削り崩しています。築城に対する強固な意志が感じられます。

 

mitumine.jpg

 イメージ図です。細尾根を順次掘り切っただけの単純な縄張りです。室町期のものと推察いたします。

 

 山岳信仰で参拝者が集まり続ければ、そこに、参拝料や、宿泊料、運送料などの利権が発生し、その利権を他の勢力から侵されないために、築城が行われたのではないでしょうか?

 

 続きは、あと、2話・・・

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード