FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  図解新府城(9) ~ 本郭南西小口

図解新府城(9) ~ 本郭南西小口

 新府城の第9話です。

DSCF2811.jpg
 二郭から、本郭方面を見上げました。途中にW郭がはさまっており、遠目には比高二重土塁に見えますね。

DSCF2812.jpg
 二郭から、W郭への小口です。奥には本郭への小口Xも見えていて、重ね小口になっています。

新府城西面
 道路建設により破壊された部分を想像により描いています。現状と異なる点を御理解下さい。

 また、S,T、U、Vの郭は、笹藪をかき分け一生懸命スケッチしましたが、写真にしてみると只の笹藪としか視認できない状態でしたので、写真の掲載は自粛させて頂きました。

DSCF2813.jpg
 W郭に入りました。本丸を守るための最後の拠点ですから、精鋭たちが配置されたことでしょう。

 奥のV郭は、周囲の郭から視認しにくい位置にあるため、伏兵をしのばせておく「武者頓」であると解釈される先人がいらっしゃいます。

DSCF2815.jpg
 今度はV郭を背に、W郭を撮影しました。

DSCF2817.jpg
 W郭から、本郭への小口Xを撮影しました。

 Xより本郭の方が一段高くなっており、攻城兵へ正面攻撃を加えることが出来ます。

 右側の土塁が道路建設により破壊されてしまっているのが残念です。

DSCF2818.jpg
 Xの地点で攻城兵は左折を強いられ、今度は右側からの側面攻撃を受けながら進むことになります。

 「新府城第10話・南東伏兵出撃路」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「山梨の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード